平成6623日目

2007/02/25

【安倍晋三首相】北朝鮮拉致被害者5人と面会

小浜市の地村保志さん、富貴恵さん夫妻ら帰国した北朝鮮拉致被害者5人は25日、安倍晋三首相と新潟市内のホテルで懇談し、曽我ひとみさんの母ミヨシさんら安否不明になっている拉致被害者が1日も早く帰国できるよう要望した。安倍首相が就任後、帰国者5人と合うのは初めて。《共同通信》

2月25日のできごと(何の日)【安倍晋三首相】北朝鮮拉致被害者5人と面会
https://www.kantei.go.jp/



【安倍晋三首相】新潟県訪問

2月25日のできごと(何の日)【安倍晋三首相】新潟県訪問
https://www.kantei.go.jp/

2月25日、安倍首相は新潟県を訪れた。まず首相は長岡市を訪れ、平成16年に発生した中越地震によって、現在も一部で避難指示が継続している旧山古志村被災者の仮設住宅を訪問し、被災者と懇談した。

その後小千谷市で、戊辰戦争時代、敵軍である西軍の戦死した若者を、小千谷の方々が哀れみ、「死ねばみな仏」の精神で葬った西軍墓地を訪れた。続いて燕市で、金属洋食器などで多くのデザイン賞を受賞している中小企業を視察し、地域で共同受注グループを設立した金属研磨企業や商工会議所の方々と意見交換した。《首相官邸》

【三遊亭円楽さん】第一線からの引退を表明

人気落語家の三遊亭円楽さん(74)が25日、東京・国立演芸場で開かれた落語会「国立名人会」の終了後、「きょうで噺家(はなしか)として引退したい」と、落語界の第一線から退くことを明らかにした。円楽さんは05年10月に脳梗塞(こうそく)で入院。その後、復帰したが、06年5月には83年から務めてきた人気テレビ番組「笑点」の司会を勇退した。

1日おきに人工透析を続け、語りに影響する歯の具合もよくないなど体調の不安を抱えている。この日はトリで得意ネタの「芝浜」を約45分間演じ、満員の観客から大きな拍手を受けた。しかし直後の記者会見では硬い表情で、「もうちょっとはっきりしゃべれると思ったら、だめですねえ。こんな噺をお客様の前でやるのは情けない」と発言。「今後よくなるということはないですから。こんな調子ではどうあがいても無理ですね」と引退を表明した。 《毎日新聞》

【中村紀洋内野手】育成枠で中日に入団

かつて年俸5億円を稼ぎ、通算319本塁打を放っている男が400万円から再出発する。

前オリックスの中村紀洋内野手(33)が25日、中日と育成選手契約を結んだ。年俸は昨季2億円の1/50となる400万円で、背番号は「205」。中村紀は「野球小僧として頑張りたい」と決意を語った。

中日の支配下選手は69人で、残り枠は1つ。中村紀は登録期限の6月末までに1軍昇格を目指す。お金も住む部屋も公式戦出場資格もないまま、中日の2軍で猛アピールを続ける覚悟だ。中村紀が、ないないづくしの再出発を切る。15日から10日間受けていた中日の入団テストに合格し、育成選手として入団が決定。

「やっとユニホームを着られるだけでうれしい。野球小僧として頑張りたい」と意気込んだ。野球を続けることができるという晴れやかな顔の裏側には、これまでに経験してこなかった苦難が待ち受けている。《日刊スポーツ》



2月25日のできごと