平成6562日目

平成18年12月26日(火)

2006/12/26

【名張毒ぶどう酒事件】高裁、再審取り消し

三重県名張市で1961年、女性5人が農薬入りのぶどう酒を飲まされて毒殺され、12人が中毒になった「名張毒ぶどう酒事件」で、奥西勝死刑囚(80)(名古屋拘置所在監)の第7次再審請求を認めた名古屋高裁刑事1部の決定について、同高裁刑事2部は26日、検察側の異議申し立てを認め、再審開始を取り消す決定をした。

門野博裁判長は、「弁護側の新証拠は、無罪であることが明らかな証拠とは言えない。捜査段階の自白も信用性が高い」と指摘した。弁護側は決定を不服とし、最高裁に特別抗告する。《読売新聞》

【イラク・フセイン元大統領】死刑確定

イラク高等法廷は26日、同国中部ドゥジャイルのイスラム教シーア派住民を大量殺害したとして「人道に対する罪」で先月、死刑判決を受けた元大統領サダム・フセイン(69)の上訴審で、1審判決を支持する判断を出した。裁判は2審制で、これにより同事件でのフセイン死刑判決が確定した。

記者会見した上訴審のシャヒーン裁判長は「30日以内に刑が執行される」と強調しており、年明けにも絞首刑に処される可能性が出てきた。ただ、同法廷の設置規定によると、執行には正副大統領の署名が必要。フセインは1980年代にクルド人が弾圧された「アンファール作戦」事件でも公判中で、死刑制度に反対の立場のタラバニ大統領(クルド人)は先に署名に否定的な考えを示しており、執行時期についてはなお不透明な点も残る。《読売新聞》

【安倍晋三首相】落選組の復党は未定

安倍晋三首相は26日夜、昨年9月の衆院選で落選した郵政造反組の自民党復党問題について「(党側から)まだ復党を見送るという報告は受けていない」と述べ、対応を決めていないことを強調した。その上で「個別の状況を勘案しながら総合的に判断したい」とあらためて指摘した。《共同通信》

12月26日のできごと