2006 平成18年8月26日(土)のできごと(何の日)

平成6440日目

2006/08/26

【広島県】2万5000世帯が断水

広島県は26日、広島市安芸区と広島県海田町を結ぶ水道水を送るトンネルが崩落したため、復旧まで呉市と江田島市の計約2万5000世帯が3週間にわたり断水すると発表した。

トンネルは約45メートルにわたり計約350トンの岩盤が崩落。風化や地下水の作用でトンネル上に空洞ができ、そこに岩盤が崩落してトンネルの天井を突き破ったとみられる。《福井新聞》




【世界宗教者平和会議】開幕

世界宗教者平和会議(WCRP)の第8回世界大会が26日、京都市左京区の国立京都国際会館で始まった。29日までの4日間、約100の国・地域から集まった仏教、キリスト教、イスラム教、ヒンドゥー教などの指導者ら約2000人が、地域紛争や貧困、環境問題などの解決に宗教が果たす役割などを話し合う。

大会には、イランのハタミ前大統領や国連を代表して国連児童基金(ユニセフ)のアン・ベネマン事務局長らが出席。イラク、イスラエル、パレスチナ、スリランカなど、紛争当事国の宗教指導者も加わり、紛争解決に向けた具体的な道筋について意見を交わす。開会式には、来賓として小泉首相も出席した。

WCRP世界大会はほぼ5年に1度開かれており、日本開催は1970年の京都市での第1回以来2度目。今大会は当初、2004年ごろに、ニューヨークで開かれる予定だったが、9・11テロとその後のアフガニスタン、イラク戦争により断念。「宗教間の紛争がなく安全な都市」(関係者)として、発祥の地、京都が選ばれた。《朝日新聞》

【安倍晋三官房長官】北陸新幹線福井延伸に前向き

9月の自民党総裁選に向けた同党北信越ブロック大会は26日、富山市の富山国際会議場で北信越5県の党員・党友ら約800人が参加し開かれた。「ポスト小泉」候補の安倍晋三官房長官、谷垣禎一財務相、麻生太郎外務相が顔をそろえ、北陸新幹線や外交問題などについて討論した。本県からも国会議員をはじめ党員・党友約100人が参加し3人の主張に耳を傾けた。

安倍氏は北陸新幹線について「次の整備計画見直しで金沢以西をしっかり検討する」と述べ、金沢以西への延伸に前向きな姿勢を示した。党総裁選は安倍氏の優位が確定的となっており、安倍氏の新幹線整備に対する前向きな発言で沿線地域の期待が高まると予想される。《福井新聞》

8月26日/のできごと

シェアする

フォローする