平成6173日目

平成17年12月2日(金)

2005/12/02

【プロ野球・楽天】野村克也新監督が就任会見

プロ野球、楽天イーグルスの野村克也新監督(70)が2日、仙台市内のホテルで就任会見を開き「自分の経験と知識を駆使し、ゼロからチームをつくっていきたい」と抱負を語った。背番号は現役時代と同じ「19」。3年契約とみられ、年俸は推定1億5000万円。

野村氏の監督就任は南海(現ソフトバンク)、ヤクルト、阪神に次いで4球団目で5年ぶりのプロ球界復帰。また来年6月で71歳になり、今季勇退したオリックスの仰木彬前監督(70)を抜いて史上最年長監督となる。

楽天は新規参入の今季、38勝97敗1分けの記録的大敗で最下位に終わり、田尾安志監督を解任。データ重視の「ID野球」や巧みな選手再生で、ヤクルトを4度リーグ優勝に導いた野村氏にチームづくりを託した。《共同通信》




【社民党党首選】福島瑞穂氏が無投票再選

任期満了に伴う社民党党首選が2日告示され、福島瑞穂党首以外に届け出がなく、無投票で再選を決めた。来年2月の党大会で正式に選出される運びで、任期は党大会からの2年間。

「格差社会を作り、憲法を変える自民党政治の大きな流れに対抗軸を持つのは社民党。『連帯の核』となり、一人でも多くの人と手をつなぎたい」。再選後に党本部で記者会見した福島氏は、護憲の党是を改めて強調すると同時に、2期目の課題として女性や若者など新たな支持層の拡大を掲げた。又市征治幹事長ら現行の執行部を維持する意向も示した。

福島氏は03年11月、衆院選惨敗による土井たか子前党首の辞任を受け幹事長から党首に昇格したが、党内から昇格に異論が出され、幹事長が1カ月も決まらない波乱の船出だった。「行動する社民党」を掲げて国会外の活動を重視したが、カリスマ、土井氏の後継だけに、党の掌握を危ぶむ声もあった。

そんな福島氏が無投票で再選したのは、昨年の参院選と9月衆院選で何とか「解党」の事態を食い止めた功績による。自身も比例代表候補だった参院選では個人名得票で同党比例得票の2割を超す約64万票をたたき出し改選2議席を維持。衆院選では解散時勢力を1議席上回る7議席を獲得した。

ただ、衆参合わせて13議席という低空飛行状態に変わりはない。07年の参院選では衆院選比例代表で獲得した370万票を500万票に増やすことを目標に掲げるが、党首の知名度や「護憲」の看板頼みで党勢を拡大する展望が開けるのか。新たな人材発掘など、一層の脱皮が求められる。《毎日新聞》

【民主党・前原誠司代表】集団的自衛権「認めないのは米への過度の甘え」

民主党の前原誠司代表は2日、都内の明治大学で講演し、現行憲法の解釈では行使できない集団的自衛権について「憲法改正で認めるのはけしからんと言う人がいるが、集団的自衛権を認めないのは(米国への)過度の甘え、依存だ」と述べた。同時に「集団的自衛権を認めると明確に言って、行使はできるが政策判断で行使しないと言った方が国家として成熟しているし、自立している」と強調した。《共同通信》

【自民党】道路財源一般財源化で調整

小泉純一郎首相が指示した道路特定財源の一般財源化をめぐり、自民党内の調整が2日、本格化してきた。特定財源見直しに関する合同部会座長の石原伸晃道路調査会長は首相の意向を踏まえ、近く抜本改革に向けた基本方針を策定する方針だが、党内外から反発の声が噴出。石原氏は一般財源化に反対する議員から集中砲火を浴びており、調整難航は避けられない情勢だ。《共同通信》

12月2日/のできごと