平成6098日目

平成17年9月18日(日)

2005/09/18

【民主党】幹事長に鳩山由紀夫氏

民主党の前原誠司代表は18日、幹事長に鳩山由紀夫元代表、政調会長に松本剛明氏、国対委員長に野田佳彦氏を起用することを決め、前原体制がスタートした。前原氏は鳩山氏らと党本部で初会合を開き、21日召集の特別国会への対応を協議。郵政民営化関連法案の対案として、郵便貯金預入限度額引き下げ法案を提出する方針を確認した。《共同通信》




【森永ヒ素ミルク中毒事件】発覚から50年

約1万3000人の健康被害が出た「森永ヒ素ミルク中毒事件」発覚から50年を迎え、「森永ひ素ミルク中毒の被害者を守る会」(岡山市)と森永乳業(本社・東京都)は18日、被害者951人の慰霊碑などがある和歌山県・高野山の高野山大学で記念式典を開いた。関係者約60人が、食品による被害の再発防止への誓いを新たにした。

被害者の一人で、守る会理事長の小畑芳三さん(50)が「いまだに多くの人が苦しんでいるという事実を社会に示し、食品の安全確保へ警鐘を鳴らしたい」とアピール。恒久救済のため、守る会、森永乳業、国の3者で支援対策をめぐる会談が38回行われたことにも言及、更なる連携強化を呼びかけた。

森永乳業の古川紘一社長は「事件を一生背負うべき十字架ととらえ、全社挙げて責任を果たしたい」と改めて謝罪。守る会メンバーが「二度と悲惨な事件が起きないよう、力を尽くす」と誓いの言葉を述べた。

この後、近くの龍泉院で慰霊祭が営まれ、被害者の冥福を祈った。《読売新聞》

【愛知県警】覚せい剤所持で民主党元衆院議員逮捕

愛知県警と警視庁は18日、覚せい剤取締法違反(所持)の現行犯で、衆院愛知7区で落選した民主党前衆院議員、小林憲司容疑者(41)=愛知県日進市=と私設秘書と元私設秘書の計3人を逮捕した。

3人は「自分で吸うために持っていた。前から吸っていた」と供述。愛知県警などは議員在職時から小林容疑者が秘書らと覚醒剤を使用していたとみている。入手先としてはイラン人組織が浮上。蔓延する覚醒剤犯罪は、国会議員経験者の逮捕という事態にまで発展した。《産経新聞》

【自民党】党員獲得は綿貫氏がトップ

自民党組織本部が今年2月にまとめた衆院300小選挙区支部別の地域党員獲得人数の内部資料が18日、判明した。ノルマ達成率1位は、郵政民営化関連法案に反対して離党し国民新党代表となった綿貫民輔元衆院議長(富山3区)で、1万5495人の党員を獲得し達成率は310%。反対組はほかにも古屋圭司氏(岐阜5区)が165%で8位、野田聖子氏(同1区)が136%で13位、江藤拓(宮崎2区)、森山裕(鹿児島5区)、亀井静香(広島6区)の各氏もそれぞれ21位、22位、31位に名を連ね、皮肉にも党への高い“貢献度”が浮き彫りになった。

一方、小泉純一郎首相(神奈川11区)の達成率は22%で218位、武部勤幹事長(北海道12区)が66%の57位、山崎拓前副総裁(福岡2区)は9%で273位だった。《共同通信》

9月18日/のできごと