2005 平成17年9月4日(日)のできごと(何の日)

平成6084日目

平成17年9月4日(日)

2005/09/04

【小泉純一郎首相】靖国参拝継続の意向

小泉純一郎首相は4日午前、NHKと民放2社のテレビ討論番組に出演、自らの靖国神社参拝について「戦没者に対し追悼の念を表現する心の問題にまで介入されて良いのか」と述べ、靖国参拝を批判する中韓両国に不快感を表明、独自の判断で参拝を続ける考えを示した。

また、年末に期限を迎えるイラクへの自衛隊派遣期間延長について「イラク政府からサマワでの人道支援への感謝と(派遣)継続の要請が来ている。その点も考えながらどういう対応が必要か判断する」と指摘。判断時期に関しては「できるだけ12月に近い時点」と述べた。

衆院選の手応えについて首相就任直後のブームに乗って大勝した2001年の参院選との比較を質問され、「似てきた。暑い中、大勢の聴衆が集まって反応がすごく良い。郵政民営化に賛成の国民が多くなってきていると実感している」と強調した。《共同通信》




【小泉純一郎首相】都内を遊説

小泉純一郎首相は4日午後、東京都内を遊説し、郵政民営化に関し「市場経済の方が役人の統制経済よりも国民を豊かにするというのは東ドイツと西ドイツ、北朝鮮と韓国の例を見るまでもなく明らかだ」と述べ、民営化による市場原理導入の必要性を強調した。《共同通信》

【ジェスチオン・プリベ・ジャポン】「金戻らぬ」相談相次ぐ

多額の負債を抱え、7月に破産手続き開始決定を受けた資産運用コンサルタント会社「ジェスチオン・プリベ・ジャポン(GPJ)」(東京)をめぐり、警視庁に「投資した金が戻ってこない」などの被害相談が100件以上寄せられていることが4日、分かった。

同社の社長(42)は7月から行方不明で、警視庁は投資金をだまし取った可能性もあるとみて詐欺容疑などで捜査している。

関係者によると、GPJは2002年9月に設立。「投資すれば外国為替を運用し、3カ月で投資の約20%分のもうけがある」などと高配当をうたい、口コミやセミナーで投資家を増やした。全国約1700人から計約360億円を集めたとされる。《共同通信》

【警視庁】国民健康保険証を偽造、警察庁技官ら2人逮捕

警察庁の技官らがヤミ金融から金を借りるため架空名義の健康保険証などを偽造したとして、警視庁捜査2課は4日、東京都杉並区、警察庁情報通信企画課の技官A(37)、板橋区、金融業B(38)両容疑者を有印公文書偽造、有印私文書偽造の疑いで逮捕した。

調べによると、A容疑者はB容疑者の依頼で、昨年11月、自宅のパソコンとプリンターなどを使い、埼玉県所沢市が交付したとする架空の男性名義の国民健康保険証と、架空会社名義の給与支給明細書各1通を偽造した疑い。 その後、男性を装ってヤミ金融に電話をかけて偽造保険証をファクス送信したが、不審に思われ、金は借りられなかった。《読売新聞》

9月4日/のできごと

シェアする

フォローする