平成5761日目

2004/10/16

【プロ野球・日本シリーズ第1戦】西武2−0中日

プロ野球の日本シリーズは16日、ナゴヤドームに3万7909人の観衆を集め開幕。西武が2―0で中日を破り、12年ぶり9度目の日本一に向けて先手をとった。西武が日本シリーズの初戦で勝ったのは、巨人と戦った94年以来。

西武は四回に和田が川上から左越え本塁打を放ち先制。五回にも中日の失策の間に1点を加えた。先発石井貴は七回まで被安打2と好投し、小野寺―豊田とつないで逃げ切った。この試合は五回、西武の併殺プレーをめぐって49分間中断。審判団が誤審を認め、おわびをすることで再開した。《福井新聞》




【ヤンキース・松井秀喜外野手】5安打5打点5得点

Embed from Getty Images

米大リーグの優勝決定シリーズ、ア・リーグの第3戦は16日、ボストンで行われた。ヤンキース(東地区1位)が松井秀喜外野手の2本塁打を含む5安打の活躍などで、レッドソックス(ワイルドカード=WC)に19−8と、同シリーズ最多得点で圧勝。3連勝でワールドシリーズまであと1勝に迫った。

「4番・左翼」の松井は1回にポストシーズン7試合連続安打で2本目となる右越え2ラン。3、4回には連続二塁打し7回には中前適時打。9回にも右中間に2点本塁打し、ポストシーズンタイの1試合5安打(6打数)5得点で、打点も5。通算打率も5割(32打数16安打)とした。《共同通信》

10月16日/のできごと