平成5760日目

2004/10/15

【近鉄・梨田昌孝監督】退団を表明

オリックスと近鉄の合併後の新球団、オリックス・バファローズのヘッドコーチへの就任を要請されていた近鉄の梨田昌孝監督は15日、大阪市内のホテルで記者会見を開き、就任要請を断ったことを明らかにした。また同日付で近鉄の監督を退任することも発表した。今後の進路は未定という。

同監督は「ユニホームを着続ける夢はあったが、スタッフの行き先がまず明確になってからと思っていた。僕が先に着る方向には行けないということが決め手になった」と理由を説明した。《福井新聞》




【関西水俣病訴訟】最高裁、国の行政責任を認める

熊本、鹿児島両県から関西に移り住んだ水俣病の未認定患者45人(うち死亡15人)と遺族が、国と熊本県に損害賠償を求めた「関西水俣病訴訟」の上告審で、最高裁第二小法廷(北川弘治裁判長)は15日、「国と県が被害の拡大を防がなかったのは著しく合理性を欠き違法」と述べ、国と県に賠償を命じた大阪高裁判決を支持する判決を言い渡した。

公害病の原点といわれる水俣病の発見から48年。最高裁が行政責任を明確に認める初判断を示したことで、大気汚染や薬害をめぐる訴訟などにも影響を与えそうだ。《東京新聞》

【小泉純一郎首相】郵政民営化実現に自信

参院は15日の本会議で、小泉純一郎首相の所信表明演説に対する代表質問を行った。これで衆参両院での代表質問は終了、18日から始まる衆院予算委員会に論戦の舞台が移る。

首相は参院本会議で郵政民営化問題に関して「来年、法案化して国会に提出されれば、なお詳しい説明をする。国民の多数の理解を得られると確信する」と述べ、民営化実現に自信を示した。《福井新聞》

10月15日/のできごと