平成5735日目

2004/09/20

【この日の小泉総理】

平成16年9月20日午前(日本時間20日夜)、アメリカ合衆国を訪問中の小泉総理は、3年前の9月11日に米国同時テロの標的となったニューヨーク市内の世界貿易センタービル跡地を訪れ、献花をしてテロの犠牲者の冥福を祈りました。

その後、小泉総理は国連や関係する国際機関で働く日本人職員らと懇談し、激励するとともに、国連の日本人職員の数が増えていくよう努力したいとの考えを示しました。

午後(日本時間21日未明)には、国連本部を訪れ、国連総会議長を務めるガボンのピン外相と会談を行いました。この中で小泉総理は、「国連改革は非常に大事な時期に来ている。新しい時代に国連がいかに適応していくか世界が注目している。」と述べ、一方、ピン議長は、国連改革に取り組む日本の姿勢に理解を示し、1年間の任期中に改革を実現させたい、との考えを示しました。

夕方(日本時間21日朝)には、アフガニスタンのカルザイ大統領と首脳会談を行いました。この中で小泉総理は、「10月に予定される大統領選挙が公正、民主的に実施されることを期待する。」と述べ、大統領選挙の選挙監視団に日本も要員を派遣する意向を表明しました。

引き続き、小泉総理はイラク暫定政府のアラウィ首相と首脳会談を行いました。アラウィ首相は、イラクでの自衛隊活動について「高く評価している。ぜひとも続けて欲しい。」と要請しました。これに対し小泉総理は、「日本は治安活動をすることは難しいが、今後とも復興支援には全力を挙げるよう努力する。」と述べ、支援を続ける考えを表明しました。《首相官邸》

小泉純一郎首相は20日夕、ニューヨーク市内のホテルでイラク暫定政府のアラウィ首相と初めて会談し、イラクへの自衛隊機派遣について「政府開発援助(ODA)とともに、自衛隊はイラク支援の車の両輪だ。復興支援には全力を挙げたい」と活動を継続する考えを表明した。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【薔薇族】この日発売の382号をもって廃刊

【成田空港】開港から26年、利用客5億人突破

成田空港を利用した旅客が20日、1978年の開港から26年で5億人に達し、空港内で記念行事が開かれ5億人目の旅客に記念品の日本人形が贈られた。

成田国際空港会社によると、開港から1億人を突破したのは88年3月で9年10カ月かかったが、海外旅行客の増加や暫定滑走路の供用開始で、2001年2月の4億人突破から3年7カ月で5億人に達した。02年度には年間利用客が過去最高の2999万人を記録した。《共同通信》

【WBCスーパーフライ級タイトル戦】川嶋勝重選手、初防衛に成功

世界ボクシング評議会(WBC)スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦は20日、横浜文化体育館で行われ、チャンピオンの川嶋勝重(大橋)が挑戦者のラウル・フアレス(メキシコ)を3−0の判定で破り、初防衛に成功した。KOこそ逃したが挑戦者を圧倒した。《共同通信》

【この日の民主党】

岡田代表、岐阜県訪問

岡田克也代表は20日、代表としては初めて岐阜県を訪れ、「年金キャラバン」の一環として街頭演説、対話セッションに臨むとともに、産廃現場の視察等を行った。

岡田代表はまず大垣市に入り、JR大垣駅前での街頭演説の後、同市内で年金問題をテーマに対話セッションに出席した。強い日差しの射す野外会場で岡田克也代表は、腕まくりをしながら参加者との意見交換を行った。

同市をあとにした一行は、岐阜市椿洞の産業廃棄物不法投棄現場を視察し、市の担当者から説明を受けた。この後、同市内での意見交換会にも参加した。

今回の視察には、山下八洲夫参議院議員、園田康博衆議院議員、大石里奈岐阜県第2区総支部長が同行した。《民主党ニュース》



9月20日 その日のできごと(何の日)