2004 平成16年9月19日(日)のできごと(何の日)

平成5734日目

2004/09/19

【小泉純一郎首相】大リーグ始球式に登場

Embed from Getty Images

小泉純一郎首相は19日午後(日本時間20日未明)、ニューヨークのヤンキースタジアムで行われた米大リーグのヤンキース対レッドソックス戦で始球式を行い、満員の観客に投球を披露した。

首相は大きな拍手の中、紺色のジャンパー姿で、手を軽く挙げながら登場。振りかぶって投げたボールは、やや三塁側にそれたもののノーバウンドでキャッチャー役のヤンキース・松井秀喜選手のミットに収まり、再び大きな歓声を浴びた。

始球式に先立って首相は松井選手をダッグアウトで激励。「日本選手が四番を打つのはすごい」などとうれしそうに話していた。首相は試合を最後まで観戦。その後、宿舎のホテルで「松井選手相手の始球式だから夢みたいだ。暴投にならなくてよかった」と記者団に語った。《共同通信》




【プロ野球】ストライキ2日目

70年の歴史で初のストライキに突入し、2日目を迎えたプロ野球は19日、選手が休日の楽しみを奪われた格好のファンにサイン会などでサービスする一方、20日のペナントレース再開に向けて自主練習を行なった。

今季の残り試合が10試合を切っているパ・リーグ6球団は、それぞれ自軍の施設で軽めの調整。1位でプレーオフ進出をほぼ確定しているダイエーは同日午後、日本ハム戦に備えて札幌に移動した。

3連戦のうち2試合がストで中止となったセ・リーグ各球団は、神宮、横浜、ナゴヤドームの各球場もしくは周辺施設で残る1試合に向けて練習した。《福井新聞》

【西武・潮崎哲也投手】現役引退を表明

落差のあるシンカーを武器に西武の黄金時代を支えた潮崎哲也投手(35)が19日、今季限りでの現役引退を明らかにした。既に球団との話し合いも済ませており、役職は未定だが今後も球団に残る予定。

潮崎投手は「思うような結果が出なくなった。気持ちが切れてきたと思ったのが夏」と、力の衰えを自覚したことを引退の理由に挙げ「入ったときは10年が目標だった。やり残したことは何もない。十分すぎるほど思い出はつくれた」と現役生活を振り返った。本拠地最終戦となる21日のロッテ戦で、引退セレモニーが行われる。《共同通信》

9月19日/のできごと

シェアする

フォローする