平成5624日目

2004/06/01

【佐世保小6女児同級生殺害事件】

1日午後0時45分ごろ、長崎県佐世保市東大久保町、市立大久保小学校(児童数187人)から「6年生の女児が首から出血している」と119番があった。消防署員と佐世保署員が駆けつけたところ、毎日新聞佐世保支局長、Bさん(45)のA子さん(12)が校舎3階の「学習ルーム」で首など数カ所を切られ、既に死亡していた。同級生の女児(11)がカッターナイフで切りつけたと認めた。佐世保署は女児を補導し、佐世保児童相談所に通告した。小学校内で児童による殺害事件は極めて異例。

佐世保署によると、女児はA子さんを呼び出して切りつけたことを認め「すまないことをした」と涙ぐんでいるという。しかし、動機や呼び出した際の言葉などについては分かっていない。同署は6年生全員(38人)から事情聴取。A子さんと女児は仲が良かったとされるが、30日の運動会で口論していたという目撃情報もあり、詳しく状況を調べている。

司法解剖の結果、死因は首を切られたことによる失血死だった。首の後ろにも複数の傷が確認され、手の甲には防御した際にできたとみられる傷もあった。

同署や市教委などによると、2人は4時間目の授業を受け、同0時35分ごろに給食の「いただきます」のあいさつをする際、担任教諭が2人がいないことに気付いた。ちょうどそのころ、女児が手に血をつけて校舎3階の6年生の教室に戻ってきたという。担任がただしたところ、女児は「自分の血じゃない。もう一人は学習ルームにいる」と話し、担任が同じ3階にある学習ルームに行ったところ、A子さんが倒れているのを確認。一緒にいた教頭が消防に通報した。

救急隊員は0時52分、学習ルームに到着し、入り口付近で倒れているA子さんの意識の有無を確認したが、既に心停止状態だったため、病院へ運ばなかったという。カッターナイフは女児の持ち物で、学習ルームで見つかった。

市教委によると、0時15分から同55分まで給食の時間だった。「学習ルーム」は広さ約60平方メートルで、習熟度別学習や総合的な学習の時間など多目的に利用されるという。

同小は午後の授業を中止し、1〜5年生を同1時20分に集団下校させた。また、午後5時過ぎ、学校を訪れた父母を校内の会議室に呼び入れ、職員が事情を説明した。《毎日新聞》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【女優・本田望結さん】誕生日

Embed from Getty Images

【サッカー国際親善試合】日本1−1イングランド

サッカーの日本代表が1日、マンチェスター(英国)での国際親善試合でイングランド代表と1−1で引き分けた。英国遠征を1勝1分けで終了、9日のワールドカップ(W杯)アジア1次予選のインド戦(埼玉)に弾みをつけた。ジーコ監督就任後の日本の通算成績は12勝7分け7敗となった。《共同通信》

【この日の民主党】

「参院選で自民上回る議席目指す」連合中央委で岡田代表

民主党の岡田克也代表は1日、東京都内で行われた連合第42回中央委員会で挨拶した。

岡田代表は「世の中もいよいよ政権交代へと進もうとする時代だ」との見方を示し、初当選以来、特に自民党を離党してから一貫して政権交代可能な政治を作り上げたいとの一念で政治家を続けてきた、と自らの歩みを紹介。その上で「ようやくそれが可能な状況になってきた。国民のみなさんの期待にしっかりと応えていく責任がわれわれ(民主党)にはある」と述べ、政権交代を現実のものにするために、参議院選挙では自民党を上回る議席を獲得していくと表明。「7月11日の投票日に向かって党を挙げて全力で頑張っていく」と力強く訴えた。

「成立阻止へあらゆる対応とる」岡田代表

民主党の岡田克也代表は1日の定例記者会見で、年金改悪法案の審議について「きわめて重要な木曜、金曜になる。あらゆる対応をとる」として、廃案に向けて行動をとることを示した。また、翌日の衆議院決算行政監視委員会で自ら首相に対して質問に立つことを明らかにし、その半分の時間を年金問題での追及に充てる考えを示した。

党の改革に関しては、外部監査導入の実施要綱、稟議規程(改定)、職員の人事基準が本日の常任幹事会で決定、承認されたことを報告した。これは、いわゆる永田町政治の慣習からの脱却を目指す党改革の一環。

[参院国交委]道路公団関係4法案を可決

参議院国土交通委員会で1日、政府提出の道路公団関係4法案の採決が行われ、民主党は反対したが、自民、公明などの賛成多数で可決された。採決に先立つ締めくくり総括質疑では、民主党・新緑風会の池口修次議員が民営化法案の妥当性などについて小泉首相に質した。

池口議員は、質問の冒頭で小泉首相の勤務実態なき厚生年金加入の問題を取り上げ、「少ない収入でギリギリの生活をしながら国民年金を払っている人にそう説明するのか」と追及したが、首相は「どういう仕事をするかは、その社員によっても、会社によっても違う」などと詭弁を繰り返して居直った。また、「加入状況に問題がないなら、給付を請求したらどうか」と質したことに対して首相は「まだ現役だ。請求する気は全然ない」と答えた。

法案について池口議員は、まず道路公団民営化推進委員会の意見に沿っておらず、道路行政全体の改革を目指した首相の当初の意図から外れたものになっていることを指摘。具体的に、既定の基本計画の9342kmを引き続きすべて作るという内容になっていることについて見解を質した。石原国交相は、「今の(計画の)まま作るわけではない」などとあいまいに答えるにとどまった。また池口議員は、43.8兆円におよぶ債務を45年で償還するとしていることについて、金利が想定している4%を越えた場合はどうするかを質問。首相は、事業計画見直しや経営努力などによって予定期間内での返済をめざす考えを示した。

続く討論では、民主党・新緑風会の大江康弘議員が法案に反対の立場から発言。社会インフラである高速道路整備の戦略の欠如、複雑で経営責任の不明確な民営化組織形態、経営自立性のない新会社、高速道路無料開放の大幅な先延ばし、など法案の根本問題を訴えた。

[常任幹事会]参院選、和歌山知事選の推薦など決める

民主党の常任幹事会が1日、国会内で開かれ、岡田克也代表は冒頭挨拶で「国会は参院で今週緊迫状況を迎える。参院選もカウントダウンが始まり、早急に準備を進めなくてはならない。一つ一つ着実に進め、一日一日を大切にしながら、ともに頑張っていこう」と強調した。

会議では、(1)全国代表者会議(5日、党本部開催)次第(2)参院選対策(3)党支部「収支報告書」外部監査の実施要領(4)選挙対策委員会構成(委員2人追加)(5)和歌山県知事選(7月22日告示、8月8日投票)で木村良樹氏(現職1期、52歳)の推薦(6)次期参院選候補者の推薦、などを承認・決定した。《民主党ニュース》



6月1日 その日のできごと(何の日)