平成5561日目

平成16年3月30日(火)

2004/03/30

【小泉純一郎首相】MLB始球式に登場

Embed from Getty Images

小泉純一郎首相は30日夜、東京ドームで開幕した米大リーグのデビルレイズーヤンキース戦で始球式を行い、力強い投球で5万人を超える観客から大喝采を浴びた。

靴を履き替え、名前入りのグラブを手にした首相は、上着を脱いでマウンドのやや手前に。ジュリアーニ前ニューヨーク市長と並んで合わせながら、ストレートをキャッチャー役のヤンキース松井秀喜選手に投げ込んだ。「やや右にそれたが、ワンバウンドしなくてよかった」と首相はホッとした様子。《共同通信》



【ヤンキース・松井秀喜外野手】日本での開幕戦で二塁打

Embed from Getty Images

米大リーグ「リコーMKB開幕戦」のデビルレイズーヤンキースが30日、東京ドームで行われ、ヤンキースの主力選手として凱旋した松井秀喜外野手(29)は「2番・左翼」でフル出場し、第1打席に二塁打を放つなど4打数1安打で2年目のスタートを切った。ヤンキースは3−8で逆転負けした。

今年の大リーグは本場北米より一足早く日本で開幕し、日本での公式戦開催は2000年のメッツーカブス以来4年ぶり2度目。ピンストライプのユニホームで知られ、ワールドシリーズ最多26度優勝のヤンキースが北米以外で公式戦を行うのは初めてとあって、スタンドは満員の5万5000人で埋まった。《共同通信》

【仙台筋弛緩剤事件】32歳被告に無期判決

仙台の筋弛緩剤点滴事件で。1件の殺人と4件の殺人未遂の罪に問われた元北陵クリニック看護師守大助被告(32)に対し、仙台地裁の畑中英明裁判長は30日、起訴事実をすべて有罪と認定し、求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。

畑中裁判長は「医療行為を装った前代未聞の凶悪な犯行で、単発なら発覚を恐れた公算が非常に大きい」と指摘。守被告の無罪主張は不合理な弁解とし「被害感情を増幅させ、関係者に深刻な影響を与えた。極刑も視野に入れた検討が必要なほどの状況だ」と述べた。

無罪を主張していた弁護側は閉廷後、直ちに控訴した。守被告は昼の休廷中、接見した弁護士に不満を伝え、控訴に同意したという。《共同通信》



3月30日のできごと