平成5546日目

2004/03/15

【アテネ五輪女子マラソン代表選考会】高橋尚子選手が落選

日本陸連は15日、東京都内で理事会・評議員会を開き、アテネ五輪マラソン代表男女各3選手を決めた。00年シドニー五輪女子金メダリストの高橋尚子(31)=スカイネットアジア航空=は選ばれなかった。

高橋は選考レースの東京国際女子マラソンで日本人トップの2位になったものの、優勝できなかったことと、2時間27分21秒という平凡なタイムが響いた。女子は昨年8月の世界選手権2位の野口みずき(25)=グローバリー=が内定済みで、残り2枠は大阪国際女子優勝の坂本直子(23)=天満屋=、名古屋国際女子で優勝した土佐礼子(27)=三井住友海上=となった。

男子は福岡国際優勝の国近友昭(30)=エスビー食品=、世界選手権5位の油谷繁(27)=中国電力=、福岡2位の諏訪利成(27)=日清食品=が選ばれた。男女6選手とも五輪初出場となる。

マラソン代表は、世界選手権と国内3大会の計4レースの結果を基に選考された。この日朝からの選考委員会で選考案が作成され、理事会・評議員会で承認された。《朝日新聞》



【小泉純一郎首相】日中関係は良好

小泉純一郎首相は15日午後、中国の戴秉国外務次官と首相官邸で会談し、今後の日中関係について「ますます発展すると確信している。自分としても日中友好関係推進のため努力する考えだ」と表明した。中国が首相の靖国神社参拝に反対しているものの、北朝鮮問題での連携や経済交流を通じ両国の関係強化を図ることができるとの考えを示したものとみられる。《共同通信》

【この日の民主党】

菅代表、中国外交部副部長と会談

民主党の菅直人代表は15日朝、来日中の戴秉国中国外交部筆頭副部長と会談し、日中関係、台湾情勢、朝鮮半島情勢と6ヶ国協議などについて意見交換を行った。

戴筆頭副部長から台湾への民主党の姿勢について質問がなされたのに対して、菅代表は、「民主党として台湾についての認識は結党以来、基本的に変わらず、『1つの中国』という原則のもとで、将来平和的に統一されることを望んでいる。両岸で経済的、人的交流も深まっており、時間の中で平和的に解決できると期待している」と、民主党の考え方を改めて示した。これに対し戴筆頭副部長は、「民主党の意見を評価する。中国も対話交渉を望み、1つの中国のために平和的な解決をしたい」と応え、さらに米国、ドイツ、フランスなども台湾問題について十分に理解しており、平和的な統一への国際社会の理解は広がっているという認識を示した。

また、岡田克也幹事長が、先般の6カ国協議への評価を問うたのに対して、戴筆頭副部長は「第1回より着実な進展があった、それは、議長声明を出したこと、次回開催を決めたこと、作業部会を設置したことである」と述べた。これに対して岡田幹事長は、中国の努力に感謝しつつ、「北朝鮮の時間稼ぎとの見方もあり、国内世論をみると具体的成果を挙げるまでに残されている時間があまりない」ことへの理解を求めた。

会談には、民主党からは、岡田幹事長、小川勝也参議院政審会長、藤田幸久国際局長、末松義規「次の内閣」ネクスト外務総括副大臣が同席した。

鳥インフルエンザ対策本部が政府に緊急申し入れ

民主党高病原性鳥インフルエンザ対策本部(本部長・菅直人代表)の鹿野道彦副本部長ら5名の国会議員は15日夕、福田官房長官および亀井農林水産大臣に対して被害対策についての緊急申し入れを行った。

首相官邸に赴いた鹿野副本部長らは、福田官房長官と会い、蔓延防止や被害農家の救済などに向けた対策を早急に実施するよう求めた申し入れ書を手渡した。申入書は、省庁の縦割り行政を越えた対策本部の設置、被害農家に対する全額補償、風評被害に対する無利息・無担保・無保証融資、通報義務の徹底と罰則強化などを要請。また、「高病原性鳥インフルエンザ対策緊急措置法案」を近く提出し、成立をめざすことを表明している。「申し入れを是非採り入れてほしい」との鹿野副本部長の求めに、福田官房長官は「勉強し、考慮したい」と答えた。

また対策本部の一行は、首相官邸への申し入れに先立って農林水産省も訪れ、同様の申し入れを行った。申し入れに同行したのは、鹿野副本部長のほか、山田正彦衆議院議員、平岡秀夫衆議院議員、、松井孝治参議院議員、篠原孝衆議院議員。《民主党ニュース》



3月15日のできごと