平成5545日目

2004/03/14

【ロシア大統領選挙】プーチン大統領が再選

Embed from Getty Images

任期満了に伴うロシア大統領選挙が14日行われ、15日までの開票の結果、現職のウラジミール・プーチン大統領(51)が7割を超える得票で他の5人の候補を圧倒、再選を決めた。任期は4年。国民は「大国の復活」を掲げて政治的安定と経済成長を実現したプーチン政権一期目の実績を評価、強い指導力による「上からの改革」継続に期待を示した。《共同通信》

広告




【名古屋国際女子マラソン】土佐礼子選手が初優勝

アテネ五輪女子マラソン代表最終選考会の名古屋国際女子マラソンは14日、名古屋市瑞穂陸上競技場を発着点として行われ、2001年世界選手権2位の土佐礼子(三井住友海上)が2時間23分57秒で初優勝した。

土佐は積極的な走りを見せ、先頭集団をリード。32キロ付近でシドニー五輪5000メートル代表の田中めぐみ(しまむら)の揺さぶりに遅れたが、驚異的な粘りで37キロ半ばに10秒以上あった差を逆転した。

2位は田中で2時間24分47秒、藤川亜希(秋田陸協)が3位、初マラソンの大山美樹(三井住友海上)が4位に入った。昨年優勝の大南敬美(UFJ銀行)は6位。昨年のベルリン優勝の橋本康子(サミー)は12位だった。(スタート時晴れ、気温16・2度、湿度41%、北北東の風1・8メートル) 土佐の話 苦しかった。最後まで頑張れてよかった。故障ばかりで苦しい時期があったので幸せです。アテネに行きたいです。《共同通信》

【スピードスケート世界距離別選手権・男子1000m】小林正暢選手が銅メダル獲得

スピードスケートの世界距離別選手権最終日は14日、当地の室内リンクで男女計4種目を行い、男子1000メートルで小林正暢(山形県体協)が1分11秒58で3位に入り、今大会の日本勢唯一のメダルを獲得した。この種目では1999年2位の清水宏保(NEC)以来の表彰台。《共同通信》

【中国・温家宝首相】小泉首相の靖国参拝を批判

中国の温家宝首相は14日、全国人民代表大会(全人代=国会)閉幕後の記者会見で、日中関係について「主要な問題は日本の指導者が靖国問題を何回も参拝し、中国とアジアの人々の心を深く傷つけたことだ」と小泉純一郎首相の参拝を強く批判、参拝を続ける限り、首脳相互訪問を再開する考えがないことを示唆した。《福井新聞》

3月14日/のできごと