2019 令和元年9月14日(土)のできごと(何の日)

令和137日目

令和元年9月14日(土)

2019/09/14

【フィギュア・羽生結弦選手】今季初戦V

フィギュアスケートのオータム・クラシック最終日は14日、カナダのオークビルで行われ、男子は冬季五輪2連覇で今季初戦の羽生結弦(ANA)がショートプログラム(SP)に続いて1位となるフリー180.67点、合計279.05点で優勝した。

4回転はループとサルコーで着氷が乱れて2度のトーループとも回転不足を取られたが、ステップとスピンで全て最高難度のレベル4を並べるなどして得点を積み上げた。ケビン・エイモズ(フランス)が262.47点で2位に入った。《共同通信》



【名古屋市熱田区】駅前ライブの人垣に暴走タクシー

14日午後9時20分頃、名古屋市熱田区の金山駅南口ロータリーで、タクシーが歩道に乗り上げて通行人を次々とはねた。30歳代の女性が重傷、20~60歳代の男女計6人が軽傷。愛知県警中署はタクシーを運転していた同市中川区の男(75)を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕した。調べに対し「事故の瞬間のことは覚えていない」と話しているという。

現場はJRと名鉄、市営地下鉄が乗り入れるターミナル駅の前で、通行人などで混雑していた。目撃者によると、路上ライブの演奏者や周りの人垣にタクシーが突っ込んだ。悲鳴や怒声が上がり、騒然となったという。愛知県津島市、自営業の男性(45)は、「タクシーが演奏をしていた人にぶつかった後、勢いよくバックしたので、助けに入った人たちもひかれていた」と声を震わせた。《読売新聞》

【サウジアラビア】石油攻撃で生産停止

サウジアラビア東部の国営石油会社サウジアラムコの石油施設2カ所で14日、無人機による攻撃があり、サウジのアブドルアジズ・エネルギー相はサウジの石油生産の一部が停止したと発表した。停止分は日量約570万バレルに及び、サウジの日量生産能力の半分に当たるという。

イエメンの親イラン武装組織フーシ派が犯行声明を出した。570万バレルは世界の石油日量生産の5%ほどに相当。国際エネルギー機関(IEA)は「十分な量の商業在庫がある」として当面の原油供給に問題がないとの見解を明らかにした。ただ生産再開が遅れれば、市場に影響が出る可能性もある。《共同通信》

【香港】社会分裂は深刻化

「逃亡犯条例」改正案を発端とした抗議活動が続く香港で14日、デモ隊側の市民と警察を支持する親中派の衝突が相次いだ。九竜地区の商業施設では、中国国旗を掲げた数百人の市民が中国国歌を合唱し、居合わせた若者らともみ合いになり、警察が出動する騒ぎが起きた。

6月に本格化した抗議活動では、先鋭化した一部若者と警官隊の衝突が頻発。警察の強制排除を「暴力」と反発するデモ隊と、デモを非難する親中派が対立、社会の分裂が深刻化している。

香港メディアによると、香港島でも警察支持の市民らが、壁に大量に張られたデモ隊側のメッセージをはがすなどして乱闘騒ぎが発生した。《共同通信》

【韓国検察】チョ法相の親族を拘束

韓国の文在寅大統領の最側近、チョ・グク法相の家族が絡む不正投資疑惑で、ソウル中央地検は14日、横領などの疑いで、チョ氏の親戚の30代の男を仁川国際空港で拘束した。チョ一家が投資した私募ファンドをめぐる疑惑の核心人物とみられており、地検は、男への取り調べを疑惑解明の突破口にしたい考えだ。

娘の進学に有利になるよう大学総長の表彰状を偽造したとして、大学教授であるチョ氏の妻が在宅起訴されているが、一連の疑惑での身柄拘束は初めて。

男は、ファンドの実質的な運営者とみられている。先月、疑惑が報じられた後に出国していた。街路灯関連機器の製造会社が同ファンドから投資を受けた後、公共事業の受注が急増。当時、大統領府高官だったチョ氏の影響力を使って不正受注した疑いも浮上している。

地検はファンド運営会社代表と同製造会社代表についても逮捕状を請求したが、ソウル中央地裁は11日、「事実関係をおおむね認め、証拠は集められている」として請求を棄却した。チョ氏はファンドの運用について「全く知らなかった」と関与を否定している。《産経新聞》

【イオンモール高岡】増床棟オープン

高岡市のイオンモール高岡は14日、北陸新幹線新高岡駅に近い店舗西側で建設した増床棟をオープンし、北陸最大級の商業施設となった。3連休初日とあって富山県内全域や石川県内など広域から大勢の家族連れらが詰め掛け、館内は終日、人波で埋まった。

増床棟は2階建てで、延べ床面積2万8千平方メートル。既存棟を含めた同面積は14万平方メートルとなり、専門店数は約130店舗から200店舗に増えた。イオンモール(千葉市)によると、床面積、店舗数ともに北陸最大級となった。

開店時刻の午前10時前、約8千人の買い物客が増床棟前で列を作った。オープニング式典では、イオンモールの岩本馨副社長が北陸最大級の「ファストファッションゾーン」を設けたとし「お客様の要望を受けて増床棟を整備した。雨や雪の日も買い物を楽しんでほしい」と期待を込めた。

来賓の高橋正樹市長は8月25日に高岡駅前の大和高岡店が閉店したことを念頭に「飛越能の玄関口である新高岡駅前と高岡駅を結ぶ動線を作り、まちを活性化させたい」と述べた。岩本副社長や高橋市長、齊藤栄吉高岡商工会議所副会頭、地元自治会長らが並んでテープカットした。《北國新聞》

【大相撲秋場所7日目】鶴竜が3連敗

大相撲秋場所7日目(14日・両国国技館)横綱鶴竜は平幕友風にはたき込まれ、3連敗で4勝3敗となった。友風は鶴竜から2場所連続の金星獲得。1場所での大関復帰を狙う関脇貴景勝は千代大龍のはたきに屈し、5連勝の後に2連敗。平幕隠岐の海が妙義龍に逆転の小手投げで勝ち、ただ一人全勝とした。

かど番大関の2人は豪栄道が玉鷲を寄り切って5勝目。栃ノ心は大栄翔に押し出されて5敗目を喫した。関脇御嶽海は正代を押し出し6連勝。

隠岐の海を1敗で追うのは御嶽海と平幕の明生、石浦の3人となった。《共同通信》

【パ・リーグ】

日1―3ソ(14日) ソフトBのグラシアル勝ち越し打

ソフトバンクは三回に暴投に乗じて先制。1―1の五回にグラシアルの適時打で勝ち越し。六回は松田宣の29号ソロで突き放した。2番手の嘉弥真が今季初勝利を挙げ、森が32セーブ目。日本ハムは有原が6回3失点で8敗目を喫した。

オ3―2楽(14日) オリックス連敗9で止める

オリックスが1分けを挟んだ連敗を9で止めた。宗が四回に右前に運んで1点を先制し、五回にも左前打で2点を加えた。山岡は八回途中までで2失点で11勝目。九回を抑えたディクソンが16セーブ目。楽天は勝率が5割を切った。

西4―3ロ(14日) メヒアがサヨナラ二塁打

西武がサヨナラ勝ちし、ロッテに7連勝した。3―3の延長十回1死一塁からメヒアの中堅への適時二塁打で勝負を決めた。十回を抑えた国場が4年目でプロ初勝利。ロッテは九回に2点差を追い付いた粘りが実らなかった。《共同通信》

【セ・リーグ】

D7―4ヤ(14日) 上茶谷が7勝目

DeNAは二回に筒香の29号ソロで先制し、2―1の六回に代打佐野の適時打、ソトの2点打などで5点を加え、差を広げた。上茶谷は5回を1失点で粘り7勝目。ヤクルトは石川が六回途中5失点と崩れ、DeNAに4連敗となった。

巨5―6広(14日) 広島が競り勝つ

広島が競り勝った。5―5の延長十回に先頭打者の野間が二塁打で出塁。バントで1死三塁として捕逸で1点を勝ち越した。今村が十回に登板して今季初セーブ。巨人は九回に丸の適時打で追い付いたが、あと一本が出なかった。

中3―0神(14日) 大野雄大が無安打無得点

中日は大野雄がノーヒットノーランで9勝目を飾った。内外角に速球を決め、許した走者は六回の遊ゴロ失策と七回の四球。二回に暴投で先制した打線は三回は福田が犠飛、五回はビシエドが適時二塁打。阪神は望月が制球難から自滅。《共同通信》

【中日・大野雄大投手】ノーヒットノーランを達成

プロ野球中日の大野雄大投手(30)が14日、名古屋市のナゴヤドームで行われた阪神23回戦でノーヒットノーランを達成した。6日に成し遂げたソフトバンクの千賀滉大に続く史上81人目(通算92度目)の偉業で、セ・リーグでは昨年7月の巨人の山口俊以来。

大野雄は力のある速球と鋭い変化球でコースを突き、許した走者は失策と四球による2人。チームは3―0で勝った。京都府出身のサウスポーで、京都外大西高から仏教大を経て2011年にドラフト1位で中日に入団した。これが今季9勝目、通算58勝目だった。《共同通信》

【イチローさん】「ありがとう、シアトル」

大リーグ、マリナーズは14日、シアトルの本拠地Tモバイル・パークでのホワイトソックス戦前に、日米通算4367安打をマークしたイチローさん(45)の現役時代の功績をたたえ、特別功労賞授与式を開催した。

イチローさんは英語でスピーチした。「2001年に小さくやせた、誰も知らない27歳の自分が受け入れてもらえない理由はいくつもあったが、あなた方は常に私を広い心で歓迎してくれた。18年、ここに帰ってくる機会をいただいたとき、本当にうれしかったのはあなた方がいたからだ。ありがとう、シアトル」と謝意を示し、喝采を浴びた。《共同通信》



9月14日のできごと

シェアする

フォローする