平成5448日目

2003/12/08

【この日の民主党】

「自衛隊派遣阻止へ立ち上がろう」菅代表ら街頭で訴え

民主党の菅直人代表と岡田克也幹事長らは8日夕、東京・有楽町マリオン前で街頭演説会を行い、政府が9日に閣議決定しようとしているイラクへの自衛隊派遣について、「米英両国の始めた大義のない戦争を支援するための派遣には絶対反対だ。国民一人ひとりがはっきりと『NO!』の声を上げ、派遣を阻止する国民運動を作り出そう」(岡田幹事長)などと力強くアピールした。

このなかで岡田幹事長は、イラクへの自衛隊派遣について(1)米英両国が国連憲章に基づかずに始めたイラク戦争には大義がない(2)イラク全土で戦争が続いているなかで派遣して戦闘行為になれば、憲法9条に違反する(3)日本が行うべきは、国連による復興、イラク国民のための復興の枠組みを作り上げるために外交力を駆使すること――と反対の理由を明確に表明した。

また、菅代表は、「9・11テロのあと、アフガン・イラクで圧倒的な軍事力で勝利した米国は、テロを押さえ込むどころか、その拡大を招いている。間違った戦争の勝者が占領を続けても、イラク国民の納得は得られない。テロを無くすことは並大抵のことではないが、戦争に反対したドイツ・フランス・ロシア・中国なども含め、中立的な立場の人も協力できる国連中心の統治に移し、そこからイラク人による統治に移していく以外にない」「明日閣議決定があっても、決してあきらめず、政府に自衛隊派遣をあきらめさせるよう、ともに立ち上がっていただきたい」と訴えた。

演説会には鎌田さゆり党国民運動委員長代理、小宮山洋子衆議院議員、羽田雄一郎参議院議員も参加し、自衛隊派遣反対をこもごもにアピール。1時間にわたって熱心に聞き入っていた多くの聴衆のなかからは、大きな拍手に加え、「がんばれー」の声も上がった。《民主党ニュース》



【スバル・R2】発売


https://www.goo-net.com/

【松井稼頭央内野手】メッツ移籍を表明

プロ野球、西武からフリーエージェント(FA)宣言した松井稼頭央内野手(28)が8日、千葉県成田市内のホテルで記者会見し、米大リーグ、ニューヨーク・メッツへの移籍を正式に表明した。日本人内野手が大リーグに移籍するのは初めて。同日夜、現地時間12月10日にニューヨークで行われる正式契約、入団発表に備え、成田空港から米国に向けて出発した。

松井は「きのうの夜、いろいろと考えまして一つのチームと合意に達しました。そのチームはニューヨーク・メッツです」と明言した。《共同通信》

【プロ野球・阪神】新人選手入団発表

18年ぶりにリーグ優勝し、来季は岡田新監督の下で連覇と日本一を目指す阪神は8日、大阪市内のホテルで新人5選手の入団を発表した。自由獲得枠で入団した鳥谷敬内野手(早大)は背番号1のユニホーム姿を披露し「やっとプロ野球選手としてスタートラインに立てた。まずは来年の開幕1軍を目指したい」と意欲を強調した。《共同通信》

【ハンセン病訴訟原告団】宿泊拒否で社長に抗議

熊本県・黒川温泉の「アイレディース宮殿黒川温泉ホテル」がハンセン病元患者の宿泊を拒否した問題で、ハンセン病訴訟全国原告団協議会の会員ら7人が8日午後、経営管理会社「アイスター」(東京都港区)を訪れ、江口忠雄社長に対し「差別と偏見に満ちた言動と責任逃れの態度に強く抗議する」などとする抗議文を手渡した。

江口社長は「心労を掛け申し訳ない」と応じたが、会員らは「社長の説明は明確ではない」と納得せず、あらためて文書での回答を求めた。

抗議文は「激しい怒りを覚える。いわれのない差別を受けた者がどれだけの苦痛を受けるか理解し、このような行為を繰り返さないよう強く求める」としている。《共同通信》



12月8日のできごと