平成5368日目

2003/09/19

【この日の民主党】

[常任幹事会]10月5日合併党大会開催要項を了承

民主党は19日午前、第264回常任幹事会を開き、17日の合併準備委員会で自由党と確認した10月5日の合併党大会開催等に関する岡田克也幹事長の報告を了承した。

大会は、10月5日午後1時から、東京プリンスホテルで開催。前半は改革派知事などを招いてのパネルディスカッションを予定。午後3時から本会議を開き、(1)民主・自由両党合併の報告(2)民主党政権公約(マニフェスト)の報告・承認(3)その他(決議等)–の議事を行う。大会構成員は、9月24日までに政党助成法に基づく宣誓書に署名・提出した衆参国会議員と都道府県総支部連合会の代表各2人からなる代議員約300人、10月4日までに公認した次期総選挙公認候補予定者、次期参議院通常選挙公認候補予定者からなる特別代議員約130人など、合計1200人規模となる。

大会以外に了承した日程は次の通り。
9月24日(水)両党代表・党首による合併協議書調印
9月25日(木)衆参両院への会派届け出、合併後初の両院議員総会
9月27日(土)13時~全国選挙責任者会議
10月 5日(日)10時~衆議院新人候補者研修会

また、両党の合併に伴い、自由党本部の正規職員15人を10月1日付けで民主党本部事務局員として採用・編入することを決めた。

野田佳彦国対委員長からは、自由党とともに設置した国会対策ワーキングチームの初会合を18日に開き、(1)臨時国会で自公保政権の本質を明らかにし、対決姿勢を鮮明に打ち出す(2)テロ特措法の延長については、これまでのインド洋への自衛隊艦船派遣成果などを十分に検証し、問題を国民が理解できるよう、十分な質疑時間を確保するよう求める–ことを確認したとの報告があった。

[両院議員総会]合併方針、マニフェストなど承認

民主党は19日、党本部で両院議員総会を開き、自由党との合併、「民主党政権公約/マニフェスト(第1次集約)」、「民主党政策集――私たちのめざす社会」を承認した。

冒頭挨拶に立った菅直人代表は「自民党の毒まんじゅう内閣に国民は苦しみを感じている。流れを変えてもらわないと、社会保険料も払えない、そういう声が満ち満ちている。国民の苦しい思いを受け止めて新しい日本を作るために頑張らなければならない」と述べ、新民主党で目前に迫った総選挙に勝利し、政権を獲る決意を改めて強調した。

続いて岡田克也幹事長が、自由党との合併の日程・方向を提案。また枝野幸男政調会長が民主党政権公約、民主党政策集を提案し、質疑後、承認された。

「自民総裁選の議論はあまりに低レベル」岡田幹事長

民主党の岡田克也幹事長は19日、定例の記者会見を開き、20日に投票が行われる自民党の総裁選挙について「4人の候補の議論を聞いていたが、レベルが低い。とても未来を感じられない。国民の皆さんも驚かれたのではないか」と感想を語った。

また、再選が予想されている小泉総裁による改造内閣を「小泉・青木連立内閣」と命名。小泉首相と、小泉改革にもっとも強く反対していた青木元幹事長とが新内閣づくりで連携している実態に対して、「今の自民党をよく表している」とコメントした。《民主党ニュース》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【小泉純一郎首相】衆院解散を重ねて示唆

小泉純一郎首相は19日昼、衆院解散について「(任期が)3年過ぎている。いつでも議員の皆さんは解散を用意している気持ちになっている」と述べ、次期臨時国会でテロ対策特別措置法改正案の成立を受けて10月中に踏み切る考えを重ねて示した。さらに「メッセージなんか出さなくても3年過ぎれば議員は準備している」と強調した。《共同通信》

【西武・伊東勤捕手】現役引退を表明

リーグ優勝14度、日本一も7度経験するなど、西武の黄金時代を支えた伊東勤捕手(41)が19日、所沢市内の球団事務所で今季限りでの現役引退を表明した。伊原春樹監督の後任として、来季から西武の監督に就任することが決定的となっている。

本拠地最終戦の27日の近鉄戦で引退セレモニーが行われる。22年間の現役生活にピリオドを打つ伊東捕手は、ユニホーム姿で会見に臨み「今シーズンの半ばぐらいに気持ちが固まっていた」と目を赤らめながら語った。《共同通信》

【俳優・河原崎長一郎さん】死去

映画、テレビドラマで演技派の脇役として活躍した俳優の河原崎長一郎さんが19日午後4時26分、急性心不全のため神奈川県内の病院で死去した。64歳。東京都出身。糖尿病のため2000年から入院していた。

劇団前進座の創設者・河原崎長十郎の長男。幼いころから舞台に立ち、早稲田大在学中に東映と契約し映画デビュー。1963年の「五番町夕霧楼」で、佐久間良子さんが演じた遊郭で働く主人公と心を通わせる若い僧役が高い評価を受けた。

ほかに映画「宮本武蔵」「幕末残酷物語」「神々の深き欲望」「復讐するは我にあり」など名作に出演し、存在感のある演技を見せた。

山田太一さん脚本の「沿線地図」「早春スケッチブック」など多くのテレビドラマにも出演し、誠実な父親役などで親しまれた。弟の河原崎次郎さん、建三さんも俳優。《共同通信》



9月19日 その日のできごと(何の日)