平成5367日目

2003/09/18

【この日の民主党】

マニフェスト第一次草案を発表

民主党の枝野幸男政調会長は18日午後に開いた「次の内閣」会議後の記者会見で、「民主党政権公約」(マニフェスト)の第一次草案を発表するとともに、約1時間半にわたって記者団からの活発な質疑に答えた。

今回発表したのは、政権公約のうち各論に相当する部分で、本文はA4判16ページ。「失業のない、つよい経済を再生します」「税金の無駄遣いをやめ、公正で透明性のある政治を実現します」「『自立力』をもった活力に輝く地域を創造します」「子どもや高齢者、女性が安心して暮らせる社会をつくります」「国民の命と健康を守るつよい社会を実現します」の5本柱、合計52項目にわたり、民主党政権誕生後の第1期4年間に必ず実現する公約を、具体的な数値目標、期限、財源とともに示している。

このうち、景気回復・経済再生策については▽失業率を4%台前半以下に引き下げる▽緊急対策として住宅や自動車に関するローン利子控除制度を04年度に創設▽政府系金融機関における個人保証を5年間で撤廃▽04年度に国直轄公共事業・特殊法人向け支出の1割削減などで約1兆4000億円、05年度に同2割削減などで約2兆5000億円の経費を削減し、財政規律を維持しながら予算の使い道を大胆に転換し、経済再生を進める–などの具体的な数値目標が並ぶ。

このほか、▽06年度までに国の補助金20兆円のうち18兆円分を廃止し、12兆円を地方自治体が使途を決める「一括交付金」に、5.5兆円を所得税から住民税に税源移譲する▽中小企業予算を7倍増▽学童保育を1.3万箇所から2.0万箇所に増やす▽介護拠点のグループホームを1万箇所、約10万人分増設▽06年までに健保本人の医療費自己負担を2割に引き戻す▽小児医療の患者負担を1割とする改正案を05年度までに提出▽5年間で48%に落ち込んだ凶悪犯罪の検挙率を5年前の84%に回復させるため、4年間で地方警察官を3万人以上増員する–など。

「小泉首相の示した政権公約とどのように違いを出すのか」との問いに対して枝野政調会長は、「今日公表したものは、すべてこの5年間かけて党内でコンセンサスができているもの。これが明確な違いだ。小泉首相がマニフェストを言うなら、まず青木参議院幹事長と一致させてから言うべき」と一笑に付す余裕を見せた。

重要な法律改正事項などについては、05年度、06年度までに法改正を行うと先送りされているものもあるが、この点を問われた枝野政調会長は、「仮に総選挙で勝利しても、参議院では少数与党であり、重要法案は通せないという前提に立って考えており、すぐに実現できるのは予算や条約だけになる。参議院は半数改選のため、来年の参議院選挙で大勝できたとしても、ぎりぎり過半数という状況が続く」「真面目すぎると言われるほど、具体的で現実的な前提に立って示した」と強調した。

改革の理念などを盛り込んだ政権公約の総論部分などについては、10月5日の合併大会までに菅代表・岡田幹事長・枝野政調会長が協議して最終的にとりまとめ、大会当日、菅代表自身の言葉によるメッセージとして発表される予定。

民主党インターネット放送局「D Vision」、試験開局

民主党は18日、党のビジョンを伝える新しいコミュニケーション手法として、インターネット放送局「D Vision」を制作、テスト稼動を開始した。動画、音声等をベースにした2つ以上のコンテンツの同時再生を可能にしている。

D Vision編集長の鈴木寛参院議員は記者会見で「民主党は何を考え、何に取組んでいるかを発信し、若者と共に21世紀の政策を考えたい」と語った。

メニューは、菅代表、岡田幹事長のインタビュー、演説等を日替わりで放映する「DPJ ON AIR」、菅代表の人柄・政策を伝える「CAN CHANNEL」「NEWS DPJ」など6つのチャンネルで構成。サイトにアクセスした人を対象とするアンケートやその結果発表もあり、即時性、双方向性を兼ねている。《民主党ニュース》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【神奈川県警】高速バスを対象に「飲酒検問」実施

JRバス関東(東京)の高速バス飲酒運転事件を受け、神奈川県警高速隊は18日夜、東名高速下り線の東京料金所(川崎市宮前区)周辺で、バスやトラックなどの大型車を対象に一斉に飲酒検問を実施した。高速隊によると、高速バスを中心にした飲酒検問は異例という。《共同通信》

【警視庁】ペンチで歯を抜き恐喝、女子高生ら逮捕

女子高生を誘った私大生ら3人を監禁、歯をペンチで抜いたなどとして、警視庁池袋署は18日までに、逮捕監禁や恐喝などの疑いで、指定暴力団住吉会系組幹部、A容疑者(41)と高校2年の女子生徒(17)ら計4人を逮捕した。

調べではA容疑者らは8月31日から9月1日にかけて、女子生徒を自室に誘った私大生ら3人のうち1人を粘着テープで縛った上、車のトランクに監禁、河川敷でペンチのようなものを使って上下7本の歯を抜いた。

さらに残り2人も含め3人を私大生の自室に監禁し、女子生徒への示談金として150万円を支払うとの念書を書かせるなどした疑い。《共同通信》

【元オウム幹部・端本悟被告】二審も死刑判決

坂本堤弁護士一家殺害や松本サリン事件など3事件に関与したとして、殺人罪などに問われた元オウム真理教幹部・端本悟被告(36)の控訴審で、東京高裁は18日、1審・東京地裁の死刑判決を支持し、被告の控訴を棄却する判決を言い渡した。仙波厚裁判長は、「あまりに残虐非道で、結果は重大。無期懲役を選択する余地はない」と厳しく指摘した。

弁護側は、坂本事件について「教団のマインドコントロール下にあり、犯行に加わる以外に選択肢はなかった」、松本事件については「サリンで人が死ぬとは認識していなかった」などと主張、1審判決は重すぎると訴えていた。

一連のオウム真理教の事件で、2審でも死刑判決を受けたのは、端本被告と同様に坂本事件の実行犯とされる岡崎一明被告(42)(上告中)、地下鉄サリン事件の実行犯とされる横山真人被告(39)(同)に続き3人目。

判決によると、端本被告は麻原彰晃こと松本智津夫被告(48)と共謀し、1>1989年、坂本弁護士(当時33歳)と妻都子さん(同29歳)、長男龍彦ちゃん(同1歳)を横浜市の自宅で殺害2>94年、長野県松本市でサリンを噴霧して7人を殺害3>93—94年、山梨県上九一色村の教団施設でサリン生成プラントを完成させた。《読売新聞》



9月18日 その日のできごと(何の日)