平成5278日目

2003/06/21

【アンマン空港爆破事件】毎日新聞、記者を懲戒解雇処分

毎日新聞社は21日、アンマンのクイーンアリア国際空港爆発事件で、禁固1年6月の実刑判決を受け、アブドラ・ヨルダン国王の特赦で釈放され帰国したG・元写真部記者(36)=東京本社編集局付=について、同日付で懲戒解雇にした。

社内の委員会で検討した結果、G元記者の軽率な行為によって6人の死傷者を出した結果は極めて重大であり、職業人としての道義的、倫理的責任は大きいと判断。「過失によって重大な事故を発生させた時」「会社の名誉、信用を傷つけ、損害を与える行為のあった時」などの懲戒規定を定めた従業員就業規則に基づいて処分を決定した。《毎日新聞》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【共産党】「天皇制」「自衛隊」を事実上容認

共産党は21日午後、党本部で第7回中央委員会総会を開き、不破哲三議長が綱領改定案を明らかにした。これまで社会主義の前段階としてきた民主主義革命を「資本主義の枠内で可能な民主的改革」と位置付け、天皇制を憲法上の制度として事実上容認したほか、自衛隊も当面存続を認めるなど、1961年に決定以来、43年目で初の大幅改定となった。《共同通信》



6月21日 その日のできごと(何の日)