平成5174日目

2003/03/09

【滋賀・豊郷町小学校解体問題】住民投票で町長失職

米国出身の建築家ヴォーリズが設計した滋賀県豊郷町立豊郷小学校の校舎建て替え問題に端を発した大野和三郎町長(47)の解職の是非を問う住民投票が9日、実施された。即日開票の結果、解職の賛成票が有効投票の過半数に達し、町長の失職が決まった。

出直し町長選は統一地方選に合わせて4月22日告示、27日投開票される。 投票の結果、解職賛成が2450票、反対が2070票、無効は92票。当日有権者数は5603人、投票率は82.31%だった。

今回の住民投票は、校舎の保存・活用を求める住民団体「豊郷一新の会」(伊藤寛代表)が昨年11月、解職請求(リコール)の署名集めに乗り出し、法定数(有権者の3分の1以上)を6人超える1892人分の有効署名を集めて実現した。建築物の保存をめぐって首長が住民投票で失職するのは極めて異例だ。

校舎問題では、99年11月に初当選した大野町長が「現校舎は耐震性に問題がある」と建て替えを推進。これに対し、住民団体が「文化的価値が高い」と校舎保存運動を続け、大津地裁は昨年12月、住民団体の訴えを認めて校舎解体差し止めの仮処分決定を出した。その後、大野町長は校舎保存を表明する一方、新校舎建設の方針も示し、住民団体との確執が続いていた。《朝日新聞》

広告




【舞鶴若狭道】舞鶴東IC〜小浜西IC供用開始

若狭地域初の高速道路「舞鶴若狭自動車道(近畿自動車道敦賀線)」の小浜西インターチェンジ(IC)ー舞鶴東IC間(24.5キロ)は9日、開通した。

小浜から大阪をはじめとする関西圏までが高速網で結ばれ、今後の若狭の観光や経済への波及効果のほか、唯一の幹線道路、国道27号の渋滞緩和に大きな期待が寄せられている。《福井新聞》

【拉致被害者・地村保志さん】朝鮮語講座で初の講師挑戦

北朝鮮による拉致被害者、地村保志さん(47)は9日、小浜市国際交流協会が市中央公民館で開いた朝鮮語講座に講師として招かれ、同協会員ら23人に朝鮮語の特徴や発音などの基礎を教えた。地村さんが講師として市民の前に立ったのは初めて。

まず「日本語の発音は五十音だけど朝鮮語は378音もある。微妙な発音の区別は日本人には難しい」と説明。基本の母音や子音を黒板に書きながら実際に発音し「二十数年あちらにいても、発音できない言葉もある。それで朝鮮人じゃないとばれてしまうんです」と話した。《福井新聞》

3月9日/のできごと