平成5002日目

2002/09/18

【小泉純一郎首相】野党に日朝会談について説明

小泉純一郎首相は18日、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の金正日総書記との日朝首脳会談について自民党総裁経験者、民主、自由、共産、社民の野党4党党首らに理解を求めた。

小泉首相は同日夜の野党党首らとの会談の冒頭、10月中に国交正常化交渉を再開することを報告。「拉致事件の思いがけない結果が出ていたたまれないが、これを乗り越えて、北東アジアの安全と平和を考えて共同宣言に署名した。先方も誠意ある態度で取り組むと感じた」などと説明した。《共同通信》




【小泉純一郎首相】拉致問題「政府、反省する点ある」

小泉純一郎首相は18日午後、拉致被害者の安否解明に25年も掛かったことについて「政府として反省しなくてはならない点がある」と述べ、外務省など政府のこれまでの取り組みに問題があったとの認識を示した。

8人の死亡者を確認しながら北朝鮮との国交正常化交渉再開で合意したことへの批判には「(首脳会談を)けって帰ってきたらどういう結果になったか、よく考えてほしい。全く(日朝関係が)分からなくなると思う。それで良いのかどうかだ」と反論した。首相官邸で記者団の質問に答えた。《共同通信》

【北朝鮮による日本人拉致事件】生存者10月帰国で政府調整

政府は18日、日朝首脳会談で、日本人拉致事件をめぐり被害者で生存が判明し、氏名が確認された福井県の地村保志さん(47)ら四人の早期帰国と、死亡した新潟県出身の横田めぐみさん=当時(13) =ら8人の具体的な実態調査の実現に向けた調整に入った。

福田康夫官房長官は午前の記者会見で、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)との国交正常化交渉の再開前に、横田さんら死亡者に関する情報提供を求める考えを表明。北朝鮮側に事実解明の協力を申し入れる方針も示した。

政府は「国交正常化交渉再開までに帰国させるべきだ」(政府筋)として、10月中の帰国を実現させたい意向だ。政府は被害者家族が北朝鮮に損害賠償を求めた場合の対応も検討する。

政府は北朝鮮が通告してきたリスト外の生存者一人について身元確認などを急いでいる。

安倍晋三官房副長官は午前、都内で日本人拉致事件被害者の家族と会い、政府内に事件の真相究明や生存者の帰国問題などについて家族側との連絡調整を担当する専門機関新設を検討する意向を表明した。

専門機関は、北朝鮮側が死亡者の詳細な状況などを一切公表していないことに対し、被害者家族の反発が強いのを受けた措置。

安倍副長官との面会で被害者の家族からは「死亡と言っているのは北朝鮮で、日本政府は事実を確認していない」「この状況で経済協力など納得できない」との厳しい意見が相次いだ。

小泉純一郎首相は18日の政府与党連絡会議で、公明党の神崎武法代表らが正常化交渉前の生存者帰国、拉致、死亡の事実関係解明などを要請したのに対し、「今日言われたことを踏まえ、しっかり進めていきたい」と強調した。

生存者については、17日の首脳会談の休憩中に外務省幹部が地村さんら4人と面談。早期帰国を求めていることを確認。外務省幹部は同日、横田めぐみさんの10代の娘とも会い、帰国の意思を聞いたが、消極的な姿勢だったという。政府は横田さんの娘の帰国について事情を確認した上で対応を検討する。《共同通信》

【北朝鮮による日本人拉致事件】「2人一緒、救われた」

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)に拉致された小浜市の地村保志さんと浜本富貴恵さん=ともに(47)=の生存発表から一夜明けた18日、保志さんの父、保さん(75)と富貴恵さんの兄、雄幸さん(73)が東京都内のホテルで心境を語った。

保さんは「事件を24年間も放置した責任は重い」雄幸さんは「国交正常化交渉の再開なんて許されない」と政府の対応を批判した。2人の生存にはほっとした表情もみせ「元気でおったんかと声をかけたい」(保さん)「保志さんと2人一緒におると聞いて救われた気がする」(雄幸さん)と話した。《福井新聞》

【横田滋さん】「めぐみの娘15歳」

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)に拉致された被害者の家族が18日、東京都内で会見、あらためて政府や北朝鮮への怒りを語った。

1977年に不明となった横田めぐみさん=当時(13)=の父滋さん(69)は「北朝鮮は1カ月前には、拉致はないと言っており、北朝鮮の説明は信じられない」と主張。「めぐみの娘は15歳で、子どもが5―6歳のときにめぐみは亡くなったと聞いたが、それ自体も北朝鮮が仕組んだ話かもしれない」と話した。

 

生存が伝えられた蓮池薫さん(44)の母ハツイさん(70)も「息子は生存して子どもが2人いると言われたが、『男ですか、女ですか』『いくつですか』と聞いても答えはない。生きていると言われても信じられない」と不安な心境を明らかにした。

 

父親の秀量さん(74)も「家族会は汗と涙で力を合わせてきた。北朝鮮に対する怒りと、日本政府の怠慢への怒りを感じている」と語った。《共同通信》

9月18日のできごと