平成4990日目

2002/09/06

【CMソング訴訟】小林亜星さんが逆転勝訴

CMソング「どこまでも行こう」を作った作曲家小林亜星さんと著作権を持つ出版社が、「そっくりな曲 で著作権を侵害された」として、作曲家の服部克久さんを相手に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が6日、東京高裁であった。

篠原勝美裁判長は「著作権侵害があった」と認め、小林さんらの請求 を棄却した一審・東京地裁判決を変更し、服部さんに対し、小林さん側に計約940万円を支払うよう命じた。楽曲の類似性を認めた判決は極めて珍しい。服部さんは上告する方針。

小林さん側は、「どこまでも行こう」と、服部さんの「記念樹」が酷似していると主張し、計約1800万円 の慰謝料などを求めていた。 篠原裁判長は「旋律の相当部分は実質的に同一で、構成も酷似。『記念樹』は『どこまでも行こう』に 依拠したとしか考えられず、編曲権を侵害した」と述べた。《朝日新聞》




【北の国から2002遺言〈前編〉】放送

北の国から 2002 遺言 [DVD] 北の国から―2002遺言 (SCENARIO 2002)

【原子力安全・保安院】トラブル隠しで東電本社を検査

東京電力の原発トラブル隠しで、経済産業省原子力安全・保安院は6日、電気事業法と原子炉等規制法に基づき、東京都千代田区の東電本社を立ち入り検査した。保安院は検査終了後、改ざんへの関与は発電所内にとどまり本社側の上層部がかかわった可能性は薄いとの判断を示した。《福井新聞》

【小泉純一郎首相】株価対策を指示

小泉純一郎首相は6日、株価暴落を受けて「不安をかけないよう金融、景気対策を進めてほしい」と述べ、政府として対策に乗り出す考えを表明した。塩川正十郎財務相はこの日の閣議後会見で、20日に開催が見込まれる経済財政諮問会議に経済関係閣僚が対応策を持ち寄り、首相に報告する形で取りまとめる案を明らかにした。《福井新聞》

9月6日/のできごと