平成4989日目

2002/09/05

【長野県・田中康夫知事】再選後初登庁

「県民が議会の不信任を“不信任”した」。知事選で再選され5日初登庁した田中康夫知事は、82万票余の得票を背景に自身の改革路線に強い自信をみせ、職員にも「身を削って改革に取り組んでほしい」と求めた。その2期目は、ダム問題をはじめ課題が山積する一方で、この日花岡勝明出納長が「区切りを付けたい」として辞職願を提出するなど、県職員内に激動の余波も残る中でのスタート。一期目の課題だった「職員との理念の共有」は「民意」の後押しで大きく進むのかどうかも、県政の行方を左右する。

「じゃあ、握手を…」。午前10時、再選後初の部局長会議に臨んだ田中知事。笑みを浮かべながら、だ円形のテーブルを回り、部局長一人ずつと握手して回った。

1年10カ月前。1期目の初登庁で見られたような、県政運営の理念をめぐる部局長との激しいやりとりや「名刺折り」のような事件はなく、会議は淡々と終わった。

1期目の田中県政は、県職員との「摩擦」がしばしば表面化した。人事をめぐり総務部長(当時)が知事を批判し、ダム問題をめぐり土木部長(同)が県会で知事と異なる見解を述べ、紛糾する場面もあった。

ただ、自身の「県政改革」への信任を訴えた選挙で田中知事は、対立候補に大差を付け再選、新たに4年間の任期を得た。「知事の庁内での求心力は一気に高まるのではないか」。課長の一人は民意には従わざるを得ない、との立場を話す。

そうした見方を自覚するように、知事もこの日、職員に対するあいさつで「どんなに高性能の飛行機でも、離陸時には体に力がかかる」と述べ、さまざまな改革を進めるために一定の混乱や「痛み」は避けられないとの考えを強調した。

この日午後4時すぎ。知事に辞職願を提出した花岡勝明出納長は「二期目のスタートは盤石な体制。改革にまい進してほしい」と淡々と話した。吉村元知事時代に総務部長など主要幹部を務めた花岡氏は、田中知事の初当選後、職員の取りまとめ役的な役割も担い、特別職の出納長に就任。ただ、庁内では、知事の県政運営には一定の距離を置いてきたとされる。

知事が2期目の公約として掲げた「こわす」から「創(つく)る」の実現には、県庁組織や個々の職員の力を最大限発揮させることが不可欠だ。民意の追い風を、どう職員との対話や意識改革、緊張感につなげていけるか―。後任の出納長人事も含め、知事の手腕が問われる。《信濃毎日新聞》




【衆院予算委員会】鈴木宗男議員を告発

衆院予算委員会(津島雄二委員長)は5日午後、鈴木宗男衆院議員(54)=受託収賄罪で起訴=を議院証言法に基づき、偽証容疑で告発することを全会一致で議決した。同日午後、津島委員長名で最高検に告発状を提出し受理された。《福井新聞》

9月5日/のできごと