2002 平成14年8月26日(月)のできごと(何の日)

平成4979日目

2002/08/26

【ダイエー・秋山幸二外野手】現役引退を表明

福岡ダイエーの秋山幸二外野手(40)が26日、今季限りの現役引退を表明した。81年にドラフト外で西武に入団して以来、三拍子そろった大型野手として 22年間にわたって球界を引っ張ってきた。

ここ数年は持病の疲労性腰痛の影響などもあり、常時出場が難しい状況になっていた。体力的な衰えは隠せず、チームも逆転優勝が絶望視されていることから、 現役最年長野手の40歳は静かに引き際を決意した。今後についてはダイエーを退団し、しばらくはネット裏から野球を勉強する可能性が強い。《西日本新聞》




【WBCスーパーフライ級タイトル戦】徳山昌守選手、5度目の防衛成功

世界ボクシング評議会(WBC)スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦は26日、さいたまスーパーアリーナで行われ、チャンピオンの徳山昌守選手(金沢)が挑戦者で同級12位のエリク・ロペス選手(メキシコ)に6回終了でTKO勝ちし、5度目の防衛に成功した。《福井新聞》

【天皇陛下】ご一家で静岡の砂浜を散策

静岡県下田市の須崎御用邸で静養中の天皇、皇后両陛下は26日午後、皇太子さま、秋篠宮さまのご一家とともに御用邸内の砂浜「三井浜」を散策された。

前日に両陛下に合流していた皇太子さまご一家は、雅子さまが運転する乗用車で浜辺に到着。雅子さまの胸に抱かれた愛子さまは、皇后さまが海藻を拾いちいさな手に近づけるとびっくり。海藻を下に投げつけ、周囲は笑い声に包まれた。

秋篠宮家の長女眞子さま、二女佳子さまも水際で遊び、両陛下やご両親が笑顔で見守った。《福井新聞》

【小泉純一郎首相】夏休みを終え公務再開

小泉純一郎首相は26日、10日から始まった16日間の夏休みを終え、本格的に公務を再開した。読書や音楽鑑賞などでのんびりと過ごし、「考える時間が持てて英気を養うことができた」という首相は「千と千尋の神隠しは面白かったね。いい映画だった」と語るなど、内閣改造をはじめとする政治日程がめじろ押しの秋を前にリフレッシュした様子だった。《福井新聞》

8月26日/のできごと

シェアする

フォローする