2002 平成14年8月23日(金)のできごと(何の日)

平成4976日目

2002/08/23

【川口順子外相】北方領土を視察

川口順子外相は23日午前、北海道・中標津空港から海上保安庁のヘリコプターに乗り、上空から1時間余りにわたって北方領土を視察した。午後には根室・納沙布岬からも視察した。

外相の北方領土視察は、1988年4月の宇野宗佑外相(当時)以来14年ぶり。首相としては森喜朗首相(当時)が2001年4月に視察している。《福井新聞》




【えちぜん鉄道】京福越前線を引き継ぐ第3セクターの社名決定

京福越前線を引き継ぐ第三セクター会社の設立発起人会は23日、福井市の福井商工会議所ビルで開かれ、定款などを協議。社名は「えちぜん鉄道」、路線名は旧越前本線が「勝山永平寺線」、三国芦原線は従来通りと決めた。9月初めにも取締役会を開いて代表取締役や幹部役員を選び、新会社を正式に発足する。《福井新聞》

【辻元清美氏】秘書給与を返納

政策秘書給与流用疑惑をめぐり3月末に議員辞職した元社民党政審会長の辻元清美前衆院議員が、1996年ー98年に国から支給された2人分の政策秘書給与の全額に金利を加えた計2300万円余を返納していたことが23日、分かった。辻元前議員側は「詐欺を認めたわけではないが、本来受領する金ではないので、返納した」と説明している。《福井新聞》

8月23日/のできごと

シェアする

フォローする