2002 平成14年4月2日(火)

平成4833日目

2002/04/02

【農水省・厚労省】BSE問題で幹部16人を処分

BSE(牛海綿状脳症・狂牛病)をめぐる行政対応の誤りなどを検証するため、農水省と厚生労働省が設置した調査検討委員会は2日、行政責任について「重大な失政」と指摘、消費者保護を重視した包括的な法整備などを求める報告書をまとめ、武部勤農相と坂口力厚労相に手渡した。

両省はBSE行政にかかわった幹部職員計16人の減給処分などを正式に発表。武部農相ら7人が給与の自主返納を決めた。これを受けて小泉純一郎首相は必要な対策を両相に指示、武部農相の続投を確認した。しかし、公明党の神崎武法代表が農相の辞任を強く求めたため、同党の出方次第では参院で問責決議案が可決される可能性もある。《福井新聞》

広告




【川口順子外相】鈴木氏影響力排除へ

川口順子外相は2日午後に外務省で記者会見し、北方人道支援などでの鈴木宗男衆院議員との「異常な関係」で同省の信用を失墜させたとして、当時欧州局長を努めていた東郷和彦駐オランダ大使を免職とし、外相と副大臣2人も給与1ヵ月分の20%を自主返納するなど計37人の処分を発表した。鈴木氏の影響力排除が狙い。

鈴木氏の「懐刀」と呼ばれた佐藤優・前国債情報局主任分析官も給与1ヵ月分20%の懲戒減給とした。外相は会見で「国民の信頼を裏切り国会審議を混乱させたことは極めて遺憾で、反省に立って外務省改革に全力を尽くしたい」と述べた。《福井新聞》

【小泉純一郎首相】国家公務員合同初任研修開講式に出席


http://www.kantei.go.jp/

4月2日、小泉首相は、国立オリンピック記念青少年総合センターにおいて行われた、国家公務員合同初任研修開講式に出席した。

首相は訓示のなかで「自ら望んで国民全体に奉仕する職業を選んだことの自覚を忘れてはなりません」「組織の人間として、意見が違う人とも、よく『和して』公共の利益の実現を図っていただきたい。同時に、他人の意見に付和雷同するのではなく、全体の奉仕者として何をなすべきかを常に自分自身で考える人間であってほしい。『省あって国なし』と国民から批判を受けることが多い霞ヶ関の旧弊を、諸君の一人ひとりが打破し、行政に新たな活力を吹き込んでもらいたい」と述べた。《首相官邸》

4月2日/のできごと