2001 平成13年12月15日(土)

平成4725日目

平成13年12月15日(土)

2001/12/15

【星野仙一氏】阪神監督に就任決定

「燃える男」が不審に苦しむ伝統チームの復活に乗り出す。前中日監督の星野仙一氏(54)が15日、阪神と2度目の監督就任交渉を行い、「助けてと言われて、助けないと悔いが残る」と、阪神の再建を語った。

阪神は4年連続最下位と低迷し、さらに野村克也前監督が夫人の逮捕で引責辞任。異常事態に見舞われた球団は熱血漢の大物監督を後任に決め、17日にも正式発表する。1年契約で背番号は「77」。《共同通信》

【自民党・野中広務元幹事長】小泉首相の経済政策に危機感

自民党の野中広務元幹事長は15日午後、神奈川県開成町で講演し、日本経済の現状に関連して「来週あたりからわが国の金融問題が大きな動きにならなければいいが」と金融システムが重大な事態に陥る可能性に言及し、小泉純一郎首相の経済政策に強い危機感を表明した。

野中氏は「深刻なのは何といっても今、金融問題だ。そこに(政府の)危機管理が及んでいない。ほかの事情にとらわれて道を謝らないようにしなければならない」と指摘。さらに「改革してはならないもの、きちっと守るべきものは守っていかなければならない」と首相の改革路線をけん制し、「米国の経済市場原理だけで考えている学者がいる」と竹中平蔵経済財政担当相を暗に批判した。《共同通信》

12月15日のできごと