平成4695日目

2001/11/15

【郵政民営化研究会】特定郵便局の廃止を提言へ

小泉純一郎首相が会長を務める超党派議員の「郵政民営化研究会」は15日、2003年の郵政事業公社化に際して、特定郵便局制度の廃止や郵便事業の全面自由化などを求める提言案を固めた。総務省がまとめた公社案に対する意見として、近く同省に提出する。

提言案は、高コスト体質と批判される特定郵便局を簡易郵便局などに転換するほか、はがきなど信書集配業務での国の独占をやめるよう要求。郵便から宅配便まで包括規制する新たな法律をつくり、事業の公平性を保つため総務省以外の第三者が所管すべきだとしている。《共同通信》




【中谷元・防衛庁長官】対米支援「イージス艦含める方向で」

中谷元・防衛庁長官は15日午後、国会内で開かれた与党緊急テロ対策本部で、テロ対策特別措置法に基づく対米支援活動の詳細を定めた実施要綱を週明けの20日ごろに決定したい意向を表明した、その後に派遣する自衛隊艦隊には「イージス艦を含める方向で検討中だ」と述べた。

だが与党内には依然反対論が残っており、小泉純一郎首相は実施要綱決定までに決断を迫られる。《共同通信》

11月15日/のできごと