2001 平成13年8月23日(木)のできごと(何の日)

平成4611日目

2001/08/23

【小泉純一郎首相】日銀によるインフレ目標設定を否定

小泉純一郎首相は23日午後、日銀によるインフレ目標設定を明確に否定し、デフレ対策として政府、自民党の一部が求めていた目標導入論は当面沈静化する見通しとなった。7月の完全失業率が初めて5%台となるとの見通しに関して首相は「(構造)改革をしていくうちに失業者が増えることはやむを得ない」と表明。「ここは痛みに耐えて頑張る正念場だと思う」と強調した。静養先の神奈川県箱根町のホテルで記者団の質問に答えた。

日銀が物価上昇率を設定するインフレ目標について山崎拓自民党幹事長や竹中平蔵経済財政担当相が導入に前向きな姿勢を示し、その是非をめぐる議論が続いていた。

首相は「インフレターゲットは難しい。いざインフレになると制御できなくなる」と述べ、反対の意向を示した。政府内の導入論いは一応の終止符が打たれた格好で、今後はデフレ防止につながり新たな景気対策を求める声が、自民党などから一段と強まりそうだ。《福井新聞》




【埼玉県警】9日から不明の小2男児保護

8月9日朝から行方不明になっていた埼玉県川口市の市立小学校2年の男児(7つ)が23日午後、同市内の路上で若い男の自転車に2人乗りしているのが見つかり、14日ぶりに保護された。

武南署は男を捜す一方、家出とみて男児から事情を聴き同日夜、浦和児童相談所に通告。男児は母親の了解を得て同県所沢市の児童施設に入所した。

男児は「9日に自宅から約1.2キロの水門の階段で居眠りし、起きたら夜になっていた。家に帰ろうとしたが、母親に怒られると思い、帰らなかった」などと話し、保護されるまでこの水門や川口市内の公園で水道水を飲みながら野宿していたという。

調べによると、男児は約一週間前に男と出会い、それ以降はほぼ毎日2人で公園で隠れんぼや鬼ごっこをしていた。《福井新聞》

8月23日/のできごと

シェアする

フォローする