平成4525日目

2001/05/29

【小泉純一郎首相】米・ブッシュ元大統領と会談

小泉純一郎首相は29日午後、首相官邸でブッシュ元米大統領と会談した。長男のブッシュ米大統領と小泉首相との初の会談が来月30日に決まったばかりとあって、元大統領は「(会談場所の)キャンプデービッドはネクタイを外して非公式なうち解けた雰囲気で会談でき、お互いに知り合うのにいい場所だ」と期待を表明、「高い支持率を息子もうらやむだろう」と首相を持ち上げた。

5月29日のできごと(何の日)【小泉純一郎首相】ブッシュ元米大統領(父)が表敬訪問
https://www.kantei.go.jp/

さらに、自身が41代大統領、現大統領が43代に当たるため、親と子でお互いに「41」、「43」と呼び合っていることを披露し「大統領と会った時は『43』と呼んでほしい」と信頼関係構築のための「秘策」を首相に伝授した。《共同通信》

昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【東京地裁八王子支部】裁判官、判決文を消しちゃった、、、

東京都多摩市の土地開発を巡る告発事件などに絡む警察官らの汚職事件の判決公判が29日、東京地裁八王子支部で予定されていたが、裁判官が直前にワープロに打ち込んだ判決文の一部を誤って消してしまったため、言い渡しが延期される珍事があった。

この日、午後1時15分の開廷時刻になると、書記官が、「裁判所の不手際があって開廷が遅れます」と告げ、岡村稔裁判長ら3人の裁判官は約25分遅れて入廷した。

岡村裁判長は席に着くなり、「おわびを申し上げなければならない。午前中に3人で最終合議をして、ワープロに合議結果を打ち込んだ。午後1時ごろできあがり、印刷しようとしたが、文書を更新しないで元の文書を保存してしまったため、最終合議の結果を文書化できなかった」と経緯を説明。「できるだけ早く判決をしたい。すべては私1人の責任です」と3人の被告や弁護人らに謝罪した。

この汚職事件では、不動産会社社長が多摩中央署に告発した別の事件に絡み、一昨年3月、警視庁調布署地域課勤務の元警部補が、捜査情報の提供を受けたい趣旨を知りながら、現金を受け取ったなどとして起訴された。公判では、他署の事件捜査に関する職務権限の有無が争われていた。

元警部補の弁護人の牧義行弁護士は延期について、「心の準備をしていた被告にとっては大きな負担だ」と怒りをあらわにしていた。《読売新聞》

【政界談話室】

○・・・中谷元防衛庁長官は29日、閣議後記者会見で「これから一週間、禁煙します」と宣言した。小泉内閣の閣僚でただ一人のスモーカー。閣僚懇談会で31日の世界禁煙デーにちなみ、閣議室の灰皿を一週間撤去することを決めたことを受けての決断。今月初め禁煙、分煙運動を推進している民間団体の調査でただ一人の愛煙家と分かった際は、長官周辺は「禁煙の予定はない」としていたが、中谷氏は「閣議決定ですから。違反したら閣内不統一で罷免されちゃう」と、笑顔で喫煙ゼロ内閣実現に固い決意。《共同通信》

【小泉内閣】平均資産は1億4500万円

小泉純一郎首相と閣僚17人が29日、4月の内閣発足時の保有資産を公開した。平均資産は1億4500万円。トップは田中真紀子外相の7億4900万円で、民間から入閣した2人を含め女性閣僚5人全員が上位6人の中に入ったのが大きな特徴。小泉首相は5000万円の13位で、現在の公開制度が導入された1989年以降、歴代首相の中で最も少なかった。《共同通信》

【小泉純一郎首相】外国人参政権法案は継続審議

小泉純一郎首相は29日午後、首相官邸で記者団に対し、永住外国人への地方選挙権付与法案の取り扱いについて、今国会で採決せず継続審議とする考えを表明した。首相は与党の協議機関を設置し、引き続き与党内で法案対応について話し合いを続ける意向も示した。これに関連して、公明党の冬柴鉄三幹事長はこれを受け入れる考えを表明した。

与党側は自民、公明両党間で対立しているため、綿貫民輔衆院議長と協議し、軟着陸の方向で模索しているが、首相の言明で継続が固まった。

これに先立って綿貫議長は同日昼、国会内で自民党の山崎拓幹事長、大島理森国対委員長らと相次いで会談、自民党の考え方を聴取。大島氏は「今国会で採決するのは困難だ」と、採決を見送りたいとの考えを示した。

綿貫議長は一連の会談で、与党内で十分に話し合いを尽くすよう促したとみられる。綿貫議長は公明党の冬柴幹事長とも会談した。

与党は、同法案について今国会で採決せず、継続審議とする方針で最終調整に入り、その環境整備として綿貫議長に自公両党間の「仲介役」(自民党筋)を期待している。ただ国会運営で与野党が紛糾していない状況で、与党内の調整に衆院議長が乗り出すのは極めて異例だ。

冬柴氏は21日に綿貫議長に対し政治倫理・公選法特別委員会で採決するよう要請していた。《共同通信》

【オレンジ共済組合事件】最高裁、友部議員の上告棄却

オレンジ共済組合事件で、35人から計6億6000万円余をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた参院議員友部達夫被告(70)=拘置中=の上告審で、最高裁第三小法廷(千種秀夫裁判長)は29日までに、友部被告側の上告を棄却する決定をした。

国会議員による犯罪としては戦後、最も重い懲役10年とした一、二審判決が確定し、友部被告は、国会法や公選法の規定に基づき参院議員としては初めて夫職することになる。

友部被告の事件後も、防衛庁汚職事件の中島洋次郎元衆院議員、建設相時代の汚職事件の中尾栄一前衆院議員、KSD汚職の小山孝雄、村上正邦両前参院議員が逮捕、起訴されており、友部彼告の実刑確定は政治家のモラルの低下をあらためて印象づけるものとなった。《共同通信》

【MLB】

米大リーグ、マリナーズ一のイチロー外野手は29日、シアトルのセーフコフィールドで行われたオリオールズ戦に一番右翼で先発出場し、4打数2安打1打点だった。五回の第3打席で右前適時打、七回の第4打席では右中間二塁打を放った。打率は3割5分8厘に上がった。

佐々木主浩投手も1回を打者4人に抑えて20セーブ目をマークした。

メッツの新庄剛志外野手はフィリーズ戦に六番中堅で先発出場し、4打数無安打だった。打率は3割を切って2割9分3厘。レンジャーズ戦に先発したロイヤルズの鈴木誠投手は、4回を投げて、2安打2失点で4敗目(2勝)を喫した。

3Aポータケットに降格した大家友和投手が29日、バージニア州リッチモンドでブレーブス傘下リッチモンド戦に先発して5回を投げ、12安打を浴びて6点を失い、(自責3)、負け投手となった。《時事通信》

【この日の民主党】

外務省改革は質疑で後押し~櫻井議員の質問に田中外相が積極姿勢示す

参議院外交防衛委員会で29日、櫻井充参議院議員が田中真紀子外相を相手に、外務省に関する諸問題について質疑を行った。

まず、櫻井議員は、ケニアへのODAの一つのソンドゥ・ミリウ水力発電プロジェクトについて、「プロジェクトにより川の水量の激減や、衛生環境の悪化など各種の問題を起こしているのになぜ実施するのか」、「交換公文の閣議決定が行われていないのになぜ入札が行われているのか」、「平成11年の外務省の公電である政治家が働きかけていることが述べられている」と数々の問題点を指摘。田中外相からは「ODAは国民の税金で世界に貢献していくのが眼目であるから、当プロジェクトだけでなく他の案件も含めて、引き続き問題を孕んで進行するなら、相手国政府と相談して見直しを検討したい」という前向きな答弁を行った。

また、諸謝金の問題についても、櫻井議員が「在外公館分だけでなく、本省分まで増えている。また国際交流サービスに事業を丸投げして不正請求によりキックバックを得ているのではないか」と追及したところ、田中大臣は「既に気づいている。定期的に見直しをするシステムを委員会で考えて欲しい。問題については今週末までに調べるよう指示した」と答えた。

その他、査察大使についての必要性や、オーストラリア大使館での公費使い込みの隠蔽工作についても、田中外相からはきちんとした調査を行う旨の約束を取り付けた。

全体として、外務省改革を要望する櫻井議員の質問と、田中外相の積極的な答弁により、議論も非常によくかみ合って実りの多い質疑となり、質問終了後には副大臣からも拍手が起きた。

質問を終えて、櫻井議員は「河野前外相の時には全く進展がなかったが、田中外相は調査することを約束してくれた。今日の委員会の質問で少しでも外務省改革が進んでくれればと思っている」と語った。《民主党ニュース》



5月29日 その日のできごと(何の日)