平成4483日目

2001/04/17

【森喜朗首相】台湾・李登輝前総統のビザ発給を指示

森喜朗首相は17日夕、首相官邸で、日本での心臓治療を希望している台湾の李登輝前総統の入国査証(ビザ)発給の可否について、同日午前に続き河野洋平外相と協議した。首相は午前の会談でビザを発給するよう指示、これに対し難色を示す河野洋平外相との間で意見の食い違いが埋まらなかった。外相の判断が焦点となってきた。《福井新聞》

広告




【春の園遊会】約1900人が出席

天皇、皇后両陛下主催の春の園遊会が17日午後、東京・元赤坂の赤坂御苑で開かれ、ノーベル化学賞受賞者の白川英樹・筑波大名誉教授や緒方貞子・元国連難民高等弁務官ら各界の功労者や在京の外国大使ら約1900人が出席した。

昨年秋の園遊会は香淳皇后の服喪期間中で取りやめとなり、一年ぶりの開催。皇太子妃雅子さまは懐妊の兆候がみられたため欠席した。前日に雅子さまの懐妊の可能性が発表されただけに、和風庭園の遊歩道に並んだ招待者から、園内を回る両陛下や皇太子さまに「おめでとうございます」と祝福の声がかかった。《福井新聞》

【自民党執行部】田中真紀子氏の発言を問題視

自民党総裁選で古賀誠幹事長ら執行部は17日、小泉純一郎元厚相を支持する田中真紀子元科技庁長官の発言を批判、田中氏との対立に発展した。

古賀氏らは田中氏が故小渕恵三前首相について「日本一の借金王だと言って(農産物直売店で株価上がれ上がれと)カブを持ち上げたら、ころっと死んじゃった」「オブチさんがオダブツ(お陀仏)さんになっちゃった」と発言、故小渕氏の名誉を傷つけたとして問題視。古賀氏は田中氏に釈明を求める通告書を送るとともに、17日の記者会見で「党紀委員会に諮ることも視野に入れて厳格な対応をしたい。看過できない」と批判した。

これに対し田中氏は同日に古賀氏に回答書を寄せ「故人をあざ笑ったり侮辱するものでは毛頭ない。幹事長なる立場の方が感情的に処理されないよう希望する」と反論。「小さなことにこだわることなく、堂々とした選挙戦を戦えるよう期待する」とけん制した。《福井新聞》

4月17日/のできごと