平成4468日目

2001/04/02

【マリナーズ・イチロー外野手】メジャーデビュー戦

アスレチックス4-5マリナーズ◇2日◇セーフコ・フィールド

米大リーグは2日、マリナーズのイチロー外野手がシアトルのセーフコ・フィールドでのアスレチックスとの今季開幕戦に「一番・右翼」で出場し、日本人野手初の大リーガーが誕生した。《共同通信》

シアトル・マリナーズのイチロー外野手(27)がメジャー開幕戦で鮮烈なデビューを飾った。

アスレチックス戦に「一番右翼」でスタメン出場し、5打数2安打で1得点。第3打席までは凡退したが、七回裏の第4打席に中前へ初安打を放ち、同点劇の先陣を切ると、八回裏にはバント安打で逆転勝ちのチャンスをつくった。日本人メジャー11人目、野手としては初のメジャーリーガーとして、鮮やかな第1歩をしるした。《日刊スポーツ》

昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【NHK連続テレビ小説・ちゅらさん】放送開始

【第73回選抜高等学校野球大会】第9日

第73回選抜高等学校野球大会第9日は2日、甲子園球場で準々決勝を行い、常総学院(茨城)関西創価(大阪)仙台育英(宮城)宜野座(沖縄)が勝って、ベスト4が出そろった。常総学院は一回、小林の二塁打などで3点を先制。五回にも加点し、4−2で東福岡(福岡)に勝った。関西創価は4−4の延長十一回無死満塁から近藤の中犠飛で、尽誠学園(香川)の5−4でサヨナラ勝ちした。仙台育英は1−1の4回に2点を勝ち越し。七回にも3本の二塁打などで5点を挙げ、市川(山梨)に9−1で圧勝した。「21世紀枠」で初出場の宜野座は2−2の延長十一回二死一、二塁から山城尚の三塁打で勝ち越し、浪速(大阪)に4−2で競り勝った。《共同通信》

【マラソン・高橋尚子選手】プロランナーに

シドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子(積水化学)が2日、自由なタレント活動などを行える事実上のプロ選手としての選手登録を日本陸連に申請し、承認された。同時に日本オリンピック委員会(JOC)の肖像権ビジネスの除外選手としても認められた。同選手は今後もJOCのマーケティング事業への協力は続ける方針だが、複雑なルールに縛られていた日本の陸上界初の「プロランナー」となった。

「プロ」としての具体的な活動内容はまだ固まっていないが、高橋のもとには既にCM出演などの問い合わせが寄せられてる。かなりの高収入を得るとみられる。《共同通信》

【自民党】23日ごろ総裁選

森喜朗首相の後継を決める自民党総裁選をめぐり、古賀誠幹事長ら執行部は2日、新内閣を月内に発足させるため(1)23日か24日に総裁選の投票(2)26日に衆参両院で首相指名選挙、同日中にも新内閣発足、との日程を基本に党内調整に入る意向を固めた。

一方、森喜朗首相は2日夕の党役員会に出席、4日に予定している政府の緊急経済対策取りまとめの後に古賀氏と会談、総裁選の段取りについて協議する考えを示した。後継については橋本派の野中広務前幹事長や森派の小泉純一郎元厚相の擁立論が強まっている。《共同通信》

【森喜朗首相】教育改革国民会議に出席


https://www.kantei.go.jp/

2日、官邸で第14回教育改革国民会議が開催された。会議では、昨年12月に取りまとめられた、「教育を変える17の提案」などの最終報告に対する政府の具体的な取組みについて議論が行わた。

森首相は「我が国の発展は、豊かな個性と創造性を持ち、様々な可能性に果敢に挑戦していく『人』が、存分にその力を発揮できるかどうかにかかっています」と述べ、「教育は正に国家百年の大計であり、国政の最重要課題であります。皆様からいただきました御提言を最大限尊重し、教育改革に全力で取り組んでまいりたいと考えています」とあいさつした。《首相官邸》



4月2日 その日のできごと(何の日)