平成4363日目

2000/12/18

【プロ野球・中日】川崎憲次郎投手の入団を発表

中日は18日、名古屋市内でヤクルトからフリーエージェント(FA)で獲得した川崎憲次郎投手(29)の入団を発表した。3年契約の総額6億円プラス出来高払いで合意し、背番号は中日では事実上のエースナンバーに当たる「20」に決まった。

川崎は、中日では金村義明(元西武)、武田一浩以来、3人目のFAでの入団。1998年には17勝(10敗)を挙げ、最多勝と沢村賞を受賞。現役では巨人戦最多の通算29勝をマークしている川崎は「新しい気持ちになれた。打倒巨人を目指していきたい」と抱負を述べた。

会見に同席した星野仙一監督は「巨人に投げているときは、中日戦とは顔が違っていた。あの投球をうちの投手陣に教えてほしい」と、自身も現役時代につけた背番号20の継承者に期待を寄せていた。《共同通信》



【MLB・メッツ】新庄剛志外野手の入団を発表

米大リーグ、メッツは18日、ニューヨークのシェイ・スタジアムで新庄剛志外野手(28)の入団を発表した。

正式な契約書へのサインの後、背番号5のユニホームにそでを通した新庄は「メッツの一因として、一日も早くレギュラーを取れるよう頑張る。守備範囲の広さを見てほしい」と抱負を語った。

阪神からフリーエージェントになった新庄は、先にメッツと契約金30万ドル(約3400万円)、年俸は大リーグ最低額の20万ドル(約2300万円)で1年契約を結んでいた。《共同通信》

【森喜朗首相】予算「日本新生特別枠」配分を決定

森喜朗首相は18日、来年度予算編成で情報技術(IT)革命など日本新生プランを具体化するための「日本新生特別枠」(7000億円)の配分を決め、20日の大蔵原案に盛り込むよう同省に指示した。与党も公共事業の「生活関連重点化枠」(3000億円)の配分を決定。同枠からは整備新幹線に404億円を振り分ける。

日本新生枠はITのほか、環境、高齢化、都市基盤整備が四本柱。特に全体の3分の1以上の2504億円を配分したIT革命が最大の目玉。5年後に世界最大のIT国家を目指す「e-Jジャパン」構想を政治主導で強力に進めるのが狙いで、今後、筋書き通りにITを起爆剤にして日本経済を活性化できるかどうかが鍵となる。《共同通信》

この日の民主党

全国キャラバン「おかしなことなくし隊」報告・島根 2000/12/18

弁士=田中甲・川内博史・近藤昭一・山村健・山田敏雅
地元弁士=錦織淳(元衆議院議員)

出雲大社で有名な島根県。政権奪取を祈願して、田中甲隊長がお参りをしてきました。

出雲大社にて政権奪取祈願のお参りです。さあ、民主党政権だ!

出雲市内街頭演説

山田敏雅衆議院議員
「イギリスは長年の保守党から、労働党政権に政権交代したとたんに、国営企業が整理され経済が活性化しました。日本にも政権交代が必要です」

近藤昭一衆議院議員
「日本と言う国家には645兆円もの借金があります。しかし、国民には1200兆円もの貯金があります。国民が優秀だけど、国家が駄目な国ですね。だからこそ国家を変えましょう」

錦織あつし元衆議院議員
「民主党には若い議員がたくさんいます。その若い議員たちが全国から島根に集まってくださいました」

松江市内街頭演説

石橋大吉前衆議院議員
「野中さんは森内閣を不信任するときになにかおかしな手をつかっているようですね」

近藤昭一衆議院議員
「森さんの不信任案が出たときに株価はあがって、否決されたときに株価が下がりました。自民党政権では経済がよくならないこと、みんなよく知っているんですね」

川内博史衆議院議員
「信号は待っていれば変わりますが、政治は待っていてもかわりません」

全国キャラバン「おかしなことなくし隊」報告・鳥取 2000/12/18

弁士=田中甲・川内博史・近藤昭一・山村健・山田敏雅
地元議員=山内おさむ衆議院議員

米子市街頭演説

山内おさむ衆議院議員
「鳥取県の民主党は、まだ参議院選の候補者すら出せないふがいない様子ですが、早めに候補者を選び出し、勝利にむけて頑張ります。」

川内博史
「SMAPのライオンハートではないですが、愛する人をまもるために、国の政治を変えていきましょう。まず、年金と医療を守りましょう。」

山内おさむ国会報告会(米子市・ビアベール)

小倉道雄・鳥取大学名誉教授(山内おさむ後援会長)
「つぶさに、国会の現場を見てきた山内議員の生の声をきけることで、勉強になると思います。」

田中甲
「私たちはおかしなことなくし隊です。私たちは2001年に政権をとりたいと願っています。皆さんが生活の中で感じていることをお知らせください。」

山田敏雅
「私の地元では、長い間、宮沢喜一さんの地盤でした。彼が40年地盤を作っていたところで立候補して、3ヶ月で衆議院議員になりました。今回は比例で復活して衆議院議員になりましたが、今度は小選挙区で勝ちたいとおもいます。」

クエスチョンタイム

Q.「なんとか日本の政治の流れを変えたいと思っています。それぞれ、みなさんはどのように変えたいと思っておられますか。?日本の国の流れをかえる若さをお持ちの国会議員さんに聞きたいと思います。」

田中甲
「ずばり、政治とは命を守ることだと思います。今、この基本理念をもたない政治をされています。災害があっても個人補償はなされません。児童虐待防止法を作りましたが、まだまだもっと仕事をしたいと思います。」

近藤昭一
「私は、正義をまもりたいと思い新聞社にいました。当時、30代のサラリーマンをやっていました。しかし、法律などを変えないと社会は変わらないとおもって政治家になりました。」

川内博史
「まじめに生きる人が報われる社会が本当にめざしたいものです。ズルしたり、悪いことをしたりする人が、得をするのが今の社会です。水戸黄門や遠山の金さんと違い、現実の社会はそんな悪い人が得をします。それを変えたいです。」

山村健
「正しいことが正しいと言える社会、私はもともと町おこしのイベント会社を経営していました。JCさんとか、商店街などとやってきました。パラシュートの世界選手権の 誘致のため、6人だけで企画して誘致に成功しました。しかし、行政には裏切られました。既得権益を持っている人だけが得をするようになっているのが許せませんでした。そこで、民主党をしっかりさせるように、公募に立候補しました。そして、国会議員に当選しました。」

山田敏雅
「アメリカでは、どんなに立派でも8年以上大統領になれないようになっています。それは、権力は腐敗するからです。40年も続けた自民党は当然、腐敗しました。」

Q.憲法問題について

川内博史
「日本国憲法は日本の根本です。私たちは論憲です。タブーにせずに話し合います。鳩山さん、横路さんはよくよく聞けば、話の内容は似ています。PKOでは、いままでは海外に行っても武器を使えませんでした。武器をどの程度、使用するのかという部分の違いです。お二人から聞いてもそれほど、遠くありませんでした。 民主党の中の意見の違いが実在以上に大きく報道されるのは、政権に近づいてきたからです。非難はされるけれども、どうどうと意見を議論するべきです。今、党内の“憲法を考える会”で議論していますが、十分まとまりそうな感触をもっています。」

山村健
「私たちはみんな選挙区で5万票近くもらって選挙区にきています。自民党と違って、民主党は一人一人が意見をいえます。党内で議論ができるのが、民主党のよい点であり、問題点でもあります。ただし、今回は、横路さんが一言だけ多かったような気がします。」

Q.「私はPTAをやっています。40人が一クラスを持っています。一人で40人を見るのは難しいのではないかと思います。副担任や少数学級が好ましいのではないでしょうか?。また、テレビの悪影響についてどうお考えでしょうか。」

近藤昭一
「先日、アンケートで自分の子供を外に出すのが心配だ、という声が載っていました。一人で部屋でテレビを見ているからって、情報が多すぎて判断できないようになっています。自由のもとで、何がいいのか、何が悪いのか、きちんと子供に教えれるように先生一人頭の子供の数を減らすべきだと思います。」

田中甲
「私は、教育とは社会で生きる力を与えることだと思います。それが、できていないのが今の教育です。子供たちに刑事罰を与えるだけでは、教育改革にはなりません。まず、ゲームが心配です。イギリスでは7歳までバーチャル体験を禁止しています。」

山田敏雅
「民主党は有害情報防止のワーキンググループを作っています。子供たちに対して諸外国並みの教育的情報規制も必要ではないでしょうか。」

Q.政権をとらないとどうしようもないでしょう。ぜひ、頑張って取ってください。私たちも頑張って山内おさむさんを応援します。

川内博史
「政権をとるために、次の選挙でも山内議員を当選させてください。地域の方にお願いするときに『ここだけの話だけどね・・』からはじめてください。そしてトドメに『みなさんそうされています』と言ってください。これで日本人は動きます。」(笑)

山内おさむ衆議院議員のお礼のあいさつ
「選挙の時に朝早くから夜おそくまでお手伝いをいただいた方、本当にありがとうございました。私にとって一番大きな出来事は地震でした。まだ仮設住宅に住んでおられる方もまだたくさんおられます。わたしは自然災害救済議員連盟に所属しています。わたしも通常国会で支援の法律をぜひとも作りたいと思います。
わたしの商工委員会での仕事はKSDの追及と、ITの推進です。 少年法に関して言えば、5年間をかけて見直しを進めていきたいと思います。 また、国会議員には「部会」という勉強会があります。私は農林部会で有機栽培に挑戦していきたいと思っています。厚生部会では、他の無駄なものをきって予算をつくり、年金の引き下げなどにならないようにしていきたいと思います。
連立与党のみなさんは反対の意見には耳をかさないという態度をしています。比例区では自民党と書く人が減ったから「自民党の推すタレントの名前を書いたら自民党の票になる」という変な制度をつくりました。高齢者の医療も切り捨てられました。真正面から政治にぶち当たりたいと思います。これからも真剣に政治をしますので、みなさん、ぜひ今後とも応援よろしくお願いします。」《民主党ニュース》



12月18日のできごと