平成4341日目

2000/11/26

【森喜朗首相】シンガポールから帰国

森喜朗首相は26日夕、東南アジア諸国連合(ASEAN)と日中韓の首脳会議など4日間のシンガポール訪問日程を終え、羽田着の政府専用機で帰国した。首相はまず12月1日までの今国会を「従来以上に緊張感をもって当たる」として、残る重要法案の成立に全力投球する方針だ。

しかし、加藤紘一元自民党幹事長らの「反乱」を押さえ込んだとはいえ、首相退陣論が残るなど与党内の視線は厳しい。《共同通信》




【J1・鹿島】第二ステージ制覇

J1第15節◇26日

首位のアントラーズが2位レイソルとの直接対決を0−0で引き分け、勝ち点1差を守り、後期優勝を決めた。アントラーズは今季のJリーグ王者を決めるサントリー・チャンピオンシップ(12月2、9日)で、前期覇者のF・マリノスと激突する。Jリーグ史上初の、“最終節V決戦”は、東京・国立競技場に5万人の観衆を集めた。

ジュビロはガンバに圧勝し、ガンバを抜いて3位になった。サンガはヴィッセルに敗れ、来季のJ2への降格が決まった。

得点王争いは、最終戦で2ゴールを加えて20点の大台に乗せた中山(ジュビロ)が、2年ぶり2度目のキングに輝いた。2度目の得点王は、Jリーグ史上初。《読売新聞》

【公明党・神崎武法代表】“勝てる体制”求める

公明党の神崎代表は26日、宮崎市内のホテルで開かれた党宮崎県本部大会で、森内閣不信任決議案が否決されたことについて、「自民党は分裂に至らなかったが、党内には(首相の早期退陣を求める)マグマが依然としてある。いつ噴出するか分からない」と指摘したうえで、首相が緊張感と謙虚さをもって政権運営を行うよう改めて求めた。

また、来年夏の参院選について、「与党で過半数を確保できれば、衆院選は任期終了までないだろう。過半数を取れなければ政局は混乱し、衆院選は早まる」との見通しを示した。これは、与党が参院選に過半数を確保できる体制で臨む必要があるとの考えを示したものと受け止められている。

公明党内に森内閣への不満が根強くあることに関連し、「公明党が野党時代のようなことを言えば、政権を位発で倒すことになる。そのような立場にいることをわきまえて発言せざるを得ない」と理解を求めた。《読売新聞》

11月26日/のできごと