平成4283日目

2000/09/29

【シドニー五輪】第15日

シドニー五輪15日目の29日、シンクロナイズド・スイミングの日本代表チーム(藤井、磯田、神保、立花、武田、江上、米田容、米田祐)はチームのフリールーティン決勝に出場。技術点59.000点、芸術点40.000点となり、前日のテクニカルルーティンを合わせた合計で98.860点を獲得し、99.146点のロシアに次ぐ2位が確定。銀メダル獲得を決めた。《日経新聞》

女子67キロ級の岡本依子(ルネスかなざわ)は準々決勝で敗れたが、敗者復活戦を勝ち上がり、3位決定戦でスティーブンソン(英国)に優勢勝ちして、銅メダルを獲得。新競技テコンドーで日本勢初のメダリストとなった。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【西鉄バスジャック事件】少年を医療少年院送致

西鉄高速バス乗っ取り事件で、家裁送致されている佐賀市内の無職少年(17)に対する最終の審判が29日、佐賀家裁で開かれ、永留克記裁判官は「悪質、残虐な事件」とし、少年の完全な責任能力を認めたが「少なくとも解離性障害の治療が終わるまでは医療的な矯正施設への収容が妥当」などと精神的治療の必要性を指摘、医療少年院送致とする保護処分の決定を言い渡した。

少年は今後、精神科医の観察やカウンセリングによる治療の下、教育を受けながら社会復帰を目指すことになる。5月の大型連休中、少年が乗客を人質に15時間半にわたりバスを乗っ取り、6人が死傷した事件は、成人と同じ公開の法廷での審理を経ることなく、発生から約5カ月ぶりに、法的な結末を迎えた。《共同通信》

【政界談話室】

○・・・民主党の菅直人幹事長は29日の記者会見で、自民党森派の小泉純一郎会長が財政再建問題で民主党との連携に言及して党内から批判を浴びたことについて「自民党が方向性を失って迷走していることの現れだ」とバッサリ。同時に「民主党は(財政再建で)大きな方向性を出しており、右往左往している自民党内から『民主党の方がしっかりしている』との声も出てきた」と自画自賛した。もっとも憲法問題などでは民主党内の対立が深刻なだけに、お家の事情はいずこも同じか−。《共同通信》

【参院予算委員会】

参院予算委員会は29日午前、森喜朗首相をはじめ全閣僚が出席し、質疑を行った。首相は与党3党がまとめた公職選挙法改正案では、参院比例代表への非拘束名簿導入と同時に参院定数の10削減が盛り込まれていることに関して、「公務員、地方議員の定数削減や民間企業の経営効率化を見ると国民の視点に立つことは重要だ。逆転区の解消もある」と述べ、削減の必要性を強調した。

非拘束名簿式導入について首相は「来年の通常選挙を控えて参院選挙制度の改革を先延ばしせず、正面から取り組まなければならない」などと必要性を重ねて強調した。《共同通信》

【ユーゴスラビア】大統領退陣求めゼネスト

ユーゴスラビアの大統領選挙でコシュトニツァ候補の勝利を主張しているセルビア民主野党連合のジンジッチ選対本部長は29日開いた大集会で、ミロシェビッチ大統領が敗北を認めるまで、ゼネストに入ることを宣言した。

同時に、野党連合が連邦選管に異議申し立てをしたと述べ、30日午前0時(日本時間同日午前7時)までに正確な選挙結果の説明をするよう最終期限を通告したと明らかにした。

一方、コシュトニツァ候補は29日、投票集計のやり直しに参加するよう各国に要請するとの声明を発表した。《共同通信》



9月29日 その日のできごと(何の日)