2001 平成13年10月2日(火)のできごと(何の日)

平成4651日目

2001/10/02

【NATO】集団的自衛権を発動

北大西洋条約機構(NATO)は2日、米中枢同時テロにアフガニスタン潜伏中のウサマ・ビンラディン氏が関与していることが立証されたとして、米軍支援のために集団的自衛権を定めた北大西洋条約第5条を正式発動した。発動は1949年のNATO設立以来初めて。

米国を除くNATO加盟18カ国は、今後、米国からの要請を受けて、軍事行動を含めた支援内容の具体化を協議する。軍事行動は英国など加盟国のうち数カ国が参加するのにとどまる見通し。この日は米国側から具体的要請はなかった。《共同通信》




【牛肉を大いに食べる会】狂牛病問題で国会議員が安全性をPR

「牛肉や牛乳は安全。どんどん召し上がって」。狂牛病問題で牛肉の消費を控える動きが広がる中、有志の国会議員による「牛肉を大いに食べる会」が2日夕、東京・永田町で開かれ、武部勤農林水産相が和牛ステーキをほおばりながら「大丈夫だ」と安全宣言した。

一方、坂口力厚生労働相は「(新たな検査体制が整う)15日前後には皆さんに安心してくださいと宣言できるでしょう」と慎重な言い回しだった。《福井新聞》

【小泉純一郎首相】モルディブ・ガユーム大統領と会談


http://www.kantei.go.jp/

小泉純一郎首相は2日夜、首相官邸でインド洋の島国モルディブのガユーム大統領と会談、同国がイスラム教国であることを踏まえ、米中枢テロでの報復行動について「テロとの戦いであり、イスラムとの戦いではないとの認識だ。そのことはブッシュ米大統領にも申し上げた」と述べ、理解を求めた。

ガユーム大統領も「日本の立場は理解している。われわれも米政府に対しテロへの非難と協力を惜しまないことを伝えた」と米国に協力する姿勢を伝えた。《福井新聞》

10月2日/のできごと

シェアする

フォローする