平成4229日目

2000/08/06

【広島】55回目の「原爆の日」

広島は6日、今世紀最後となる55回目の「原爆の日」を迎えた。広島市中区の平和記念公園で原爆死没者慰霊式・平和祈念式が営まれ、被爆者、遺族ら約5万人が原爆犠牲者を追悼した。


https://www.kantei.go.jp/

5月の核拡散防止条約(NPT)再検討会議の合意文書で、核保有国は核兵器全廃を約束。しかし期限は明記されず、21世紀を前に核廃絶の具体的な道筋は見えてこない。秋葉忠利広島市長は平和宣言で、人類が憎しみや暴力の連鎖を断って「和解」への道を開き、核兵器を全廃するよう訴え続ける決意を表明した。

式典には森喜朗首相のほか、核保有五大大国では初めてパノフ駐日ロシア大使も参列。

森首相はあいさつで「近い将来に核のない世界を実現するよう全力で取り組むことが、世界で唯一の被爆国であるわが国に与えられた使命だ」と述べた。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【群馬・谷川岳】鉄砲水で1人死亡6人けが

6日午後3時20分ごろ、群馬県水上町の谷川岳から流れる湯桧曽川で鉄砲水が発生、河原をハイキング中の埼玉県東松山市のサッカー少年団の子供と父母ら計31人のグループを直撃し、団長の会社員Aさん(55)が死亡した。9人が月夜野病院に搬送されうち主婦Bさんが腰を強く打ち3週間のけが。ほかに大人ばかり5人が軽傷。

当時、現場付近は雨が降り始めた直後。群馬県や自治省消防庁は「鉄砲水を察知するほど危険な状況だったとは言いづらい。極めて特異な事故」と見ている。《共同通信》

【男子ゴルフ】サン・クロレラ・クラシック

サン・クロレラ・クラシック最終日(6日・北海道札幌国際CC=6922ヤード、パー72)尾崎将司がプレーオフで山本昭一を下して今季初優勝し、昨年7月以来のツアー通算93勝目を挙げた。53歳6カ月での優勝は、杉原輝雄の53歳6カ月を更新するツアー最年長優勝記録となった。獲得優勝賞金は2000万円。

首位に2打差でスタートした尾崎将は5番(パー4)で第2打が直接カップインするイーグルを奪ったほか、3バーディー、1ボギーの68とスコアを伸ばし、前日首位の山本昭と通算12アンダーの276で並んだ。プレーオフでは1ホール目の18番(パー5)で、バーディーを奪い、パーの一山本昭を退けた。

1打差の3位には大山健と谷口徹が入った。現在賞金ランク1位で前日2位に並んでいた佐藤信人は11位に終わった。《共同通信》



8月6日 その日のできごと(何の日)