平成4090日目

2000/03/20

【小渕恵三首相】地下鉄サリン事件犠牲者に献花

死者12人と5000人以上の重軽症者を出した地下鉄サリン事件から5年。事件現場の一つとなった東京都千代田区の営団地下鉄霞ヶ関駅で20日、営団職員らが献花式を開き、犠牲者のめい福を祈った。

3月20日のできごと(何の日)【小渕恵三首相】地下鉄サリン事件犠牲者に献花
https://www.kantei.go.jp/

式の後、駅には小渕恵三首相も訪れ、駅事務室の慰霊柱に深々と頭を下げ花をささげた。首相は記者団に「5年前無辜の方々に対し事件を起こしたオウム真理教(アレフに改称)に対し深い憤りを改めて感じている。12人の犠牲者の皆さんに心から哀悼の誠をささげる」と発言。事件の再発防止と被害者の支援に取り組む考えも示した。

式後、教団の若い信者ら数人も村岡達子代表(50)の代理として訪れ、教団として初めて献花、記帳した。村岡代表は19日夜、被害者、遺族に対する事件への謝罪や今後の補償を約束するコメントを発表している。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【大相撲春場所】9日目

大相撲春場所9日目(20日・大阪府立体育会館)平幕の貴闘力が朝乃若を押し出して9連勝し、ただひとりの全勝を守った。大関昇進を目指す関脇武双山は、横綱貴乃花に寄り切りで敗れ、2敗目を喫した。貴乃花も7勝2敗。横綱武蔵丸は隆乃若を送り出して勝ち越しを決め、1敗を堅持した。横綱曙は旭天鵬を退けて7勝目。大関出島は旭鷲山に勝って6勝3敗とし、大関千代大海も琴竜を下し5勝目を挙げた。大関貴ノ浪は玉春日に敗れて6敗目。新関脇雅山は小結土佐ノ海に寄り切られ7勝2敗となった。優勝争いは全勝の貴闘力を1敗で武蔵丸、2敗で闘乃花、曙、武双山、雅山、平幕の朝乃若が追う展開となった。十両は全勝の琴光喜が敗れ、栃乃花、戦闘竜と1敗で並んだ。《共同通信》

【小渕恵三首相】「在任日数は五七五七七」

「予算も最速、最短で通過し、今日は久しぶりに私にとって文化の日だ」−。小渕恵三首相は20日午後、千鶴子夫人とともに都内のデパートで開かれた日本画展や、画廊の油彩画展を見て回り、芸術ざんまいの一日を満喫した。同日夕には東京・丸の内の東京会館で開かれた俳人黛まどかさんへの文学賞贈呈式に出席。俳句の五七五と、先月竹下登元首相の在任日数576日に並んだことにひっかけ、「575日を超えた。これから五七五七七ぐらいまでいきたい、と思いながらやらせてもらっている」と上機嫌だった。《共同通信》

【中曽根弘文文相】韓国・文竜鱗教育相と会談

日本の文相として初めて韓国を訪問中の中曽根弘文文相は20日、韓国の文竜鱗教育相と会談し「相互理解のため学生や教員などの交流を進める」ことで合意し共同発表した。日本が小中高等学校の韓国の教員を授業参観や交流などのため年に約50人招くほか、平成12年度に100人でスタートする理工系学部への韓国からの留学生受け入れを、22年度には1000人に増やす。

今回の合意で、これまで教科書の「従軍慰安婦」に関する記述問題などで立ち遅れていた教育分野の交流促進が期待される。

文教育相はあいさつの中で「両国民の相互理解のため、両国の歴史教科書が一層未来志向的に発展するよう努力していくことが重要だ」と強調。

これに対し中曽根文相は「両国民との交流の歴史について、次代を担う青少年に客観的に教えていくことが大切」とした上で「学問研究の成果に基づいて両国の教科書がより未来志向的な観点から充実することが望ましい」と応じた。《共同通信》

【自民党・森喜朗幹事長】任期満了選挙の可能性を示唆

自民党の森喜朗幹事長は20日、加賀市のホテルアローレで開かれた女性後援者のつどいで講演し、衆院解散・総選挙の時期について「国会議員にとって4年間の任期を全うすることが国民に対する責任を果たすことになる、というのが(小渕恵三)首相の持論だ」と述べ、任期満了選挙の可能性を示唆した。

森氏は7月の主要国首脳会議(沖縄サミット)に触れ「沖縄で開催されるということに大きな意義があり、首相も命を懸けている。ぜひ成功させたい」と語り、サミット前の解散、総選挙を避けるのが妥当との見方を示した。次期衆院選の時期については、「8月の旧盆中にすれば仏様にしかられる。9月にはシドニー五輪があるので無理だということになると、もう10月(19日)の任期が来る。その間で首相が良い日を決めることになるだろう」と語った。

森氏は景気に回復の兆しが見られると指摘し、「小渕内閣の公約が果たされようとしているが、(経済対策の)手を緩めてはいけない。やるべきことをやって選挙に入らなければならない」とも述べ、小渕首相は経済情勢を見極め、衆院解散、総選挙の時期を判断すべきとの考えを示した。《北國新聞》

【中国・江沢民国家主席】台湾・陳次期総統と対話の用意

北京放送によると、中国の江沢民国家主席は20日、台湾の陳水扁・次期総統(前台北市長)=民主進歩党=に対話を呼び掛ける一方、前提条件として「まず『一つの中国』の原則を認めなければならない」と要求した。

江主席が18日の総統選後、中台関係に言及したのは初めて。訪中したサスヌゲソ・コンゴ共和国大統領との会談で語った。

江主席が平和統一路線の堅持を明らかにしたことで、中国の武力行使による台湾海峡の緊張は回避されたが、陳氏は、民進党綱領の「台湾独立条項」を取り下げるかどうか、苦しい選択を迫られることになった。

一方、陳氏は20日の記者会見で「一つの中国」を中台間の「議題」とすることは可能としたが、江主席の求める「前提」との間には大きな隔たりが残っている。

江主席は「台湾でだれが政権を握ろうと、彼が大陸に来て話し合うことを歓迎するし、われわれも台湾へ行ける」とし「一つの中国」という前提の下「何でも話し合える」と語った。

「一つの中国」と「台湾独立条項」が論理的に相いれないのは明らか。

共産党・政府の台湾弁公室が18日発表した声明は「台湾新指導者の言葉と行動を見守る」としており、今後、中国は陳氏が「一つの中国」を認めるかどうか注視しながら、民進党次期政権との初の対話の道筋を採ることになりそうだ。《共同通信》

【スパコン訴訟】終結

日本製スーパーコンピューター(スパコン)に対する米国際貿易委員会(ITC)のダンピング認定を不服として、NECと富士通の2社が起こした訴訟で、米国際貿易裁判所(CIT)が日本側敗訴の判決を下していたことが20日、明らかになった。連邦高等裁判所への控訴期限を先週末に迎え、NEC、富士通とも控訴しなかった。この結果、日本製スパコンに関する訴訟はすべて終結、高率の反ダンピング関税の適用を回避する道は閉ざされた。

国際貿易裁は1998年12月、ITCの調査方法に問題があるとの原告側の主張を認め、ITCに調査のやり直しを命令。しかし、ITCは99年3月、再調査に基づく表決の結果、再び「米産業への被害」を認める「クロ」の決定を下した。これを受け、国際貿易裁はITCの再調査とクロ認定のいずれも法的に問題はないとの判決を下した。《時事通信》

【独・CDU】党首にメルケル氏

Embed from Getty Images

ドイツの最大野党キリスト教民主同盟(CDU)は20日の幹部会で、コール政権当時の裏金疑惑の責任を取り辞意表明したショイブレ党首の後任にアンゲラ・メルケル幹事長(45)を指名した。来月の党大会で正式に選出する。

ドイツの主要政党で女性党首が誕生するのは初めて。メルケル氏は旧東ドイツ出身で、東西ドイツ統一の年に入党。党歴も10年しかない異色の党首となる。

CDUは裏金疑惑で党存続の危機に陥っており、今後はメルケル氏を中心に党の再生を図ることになる。《共同通信》



3月20日 その日のできごと(何の日)