平成4074日目

2000/03/04

【村山富市元首相】政界引退を表明

|社民党の村山富市元首相(76)=大分1区=は4日午後、大分市内で開いた地元後援会の懇親会で「次の総選挙には立候補しないことを決めた。理解してほしい」と述べ、次期衆院選を機に政界から引退する考えを正式に表明した。村山氏は懇親会で「体力、気力には個人差があるが、人にはそれぞれ生きざまがあり、人生観もある。かつて社会党は70歳定年制を敷いており、かねて引退しようと思っていた」と述べ、高齢や体力、気力の衰えを引退の理由として説明した。

社民党の村山富市元首相(76)=大分1区=は4日午後、大分市で記者会見し、今期限りでの政界引退の理由について「気力、体力の限界を感じた。前々回の選挙から今回限りということを申し上げてきており、それを貫きたい」と強調した。出馬を強く要請していた土井たか子党首には同日朝、電話で最終決断を伝えたことも明らかにした。

村山氏は日朝友好議員連盟会長を務めているが、「議席のある間はぎりぎりまで責任を果たし、バトンタッチしたい」と述べた。

首相当時を振り返り、村山氏は「沖縄基地問題で何らかの目安を付けたいと思いながら果たせなかったことと、阪神大震災は今でも心に重くのしかかっている」と述べた。引退後は「これまで積み上げてきた運動を継続したい」と述べ、何らかの政治活動を続けていく考えを示唆した。

社民党党首社民党の土井たか子党首は4日午後、新潟市内で記者会見し、村山富市元首相の政界引退表明について「次の衆院選は党の命運をかけた正念場で、引き続きやっていただきたいと言い続けたが、その中で最後に村山氏が出した結論だ」と述べ、説得を断念する考えを示した。

今後の対応について「北海道から沖縄に至るまで、選挙の前から活動していただく約束をしている」と強調、党の選挙活動に対する村山氏の全面的な協力に期待を表明した。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。更新情報もご確認ください。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【 PlayStation2】発売

ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の話題の次世代ゲーム機「プレイステーション2(PS2)」が4日、全国で発売された。石川県内の取扱店では、寒さに備えてテントを持ち込んだ徹夜組を含め、多いところで200人以上が販売開始を待ち構え、開店直後に完売となる店が相次ぐ過熱ぶり。幅広い世代にゲーム人気が広がる世相も浮き彫りにした。

金沢市片町2丁目の「宝島王国」片町店には3日正午ごろから防寒具に身を包んだ若者が並び、4日午前8時前には人数が73台の入荷台数を上回ったため店側は行列を打ち切り、その後も詰め掛けた客への事情説明に追われた。約260台を準備した野々市町の同社工大前店では、待ち時間にマージャンを楽しむ徹夜組もみられた。《北國新聞》



3月4日 その日のできごと(何の日)