平成3991日目

1999/12/12

【柔道・福岡国際女子選手権】最終日

柔道の福岡国際女子選手権最終日は12日、福岡国際センターで4階級を行い、48キロ級では田村亮子(トヨタ自動車)が10連覇を達成した。52キロ級の楢崎教子(ダイコロ)、無差別級の薪谷翠(筑波大)も優勝し、日本勢は計6階級を制した。

10月の世界選手権(バーミンガム=英国)で4連覇を果たした田村は初戦から巧みな試合運びで勝ち上がった。準決勝は朴成子(韓国)に優勢勝ちし、決勝では世界2位のアマリ・サボン(キューバ)と対戦。互いにけん制しあって決め手を欠いたが、手数の多さから判定で勝った。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【NHK大河ドラマ・元禄繚乱】最終回

【全日本実業団女子駅伝】沖電気宮崎が3度目の優勝

陸上の全日本実業団対抗女子駅伝は12日、岐阜長良川競技場発着の6区間、42.195キロに31チームが参加して行われ、沖電気宮崎が2時間15分42秒で2年ぶり3度目の優勝をした。

2位には昨年優勝の東海銀行が2時間16分8秒で入り、健闘のスズキが3位。《共同通信》

【ゴルフ】ファンケル沖縄オープン最終日

ファンケル沖縄オープン最終日(12日・沖縄県大京CC=6359ヤード、パー71)今季男子ツアー最終戦。プロ7年目の手島多一が通算13アンダー、271で並んだ奥田靖己をプレーオフで退け、ツアー初優勝した。賞金は1800万円。

前日4位の手島はこの日66。18番で6つ目のバーディー(1ボギー)を奪い、17番でボギーの奥田とタイに。プレーオフ1ホール目に手島が先に約3メートルを沈めてバーディー、奥田が約1.5メートルのバーディーパットを外し決着した。

2打差の3位はプロ2年目の小林正則で、友利勝良が4位、丸山茂樹は6位。前日首位の東聡は77と崩れて24位に終わった。《共同通信》



12月12日 その日のできごと(何の日)