平成3934日目

1999/10/16

【米・ロサンゼルス】M7の地震

米ロサンゼルス近郊で16日午前2時46分(日本時間同日午後6時46分)ごろ、強い地震があり、ロサンゼルスからラスベガスにかけた広い範囲で大きな揺れを感じた。震源地付近は砂漠地帯であったため、これまでのところ死者が出たとの報告はない。

カリフォルニア工科大学」によると、震源地はロサンゼルスの東部約160キロにあるジョシュアツリーの北約50キロで、地震の規模はマグニチュード(M)7.0。揺れは約45秒続き、その後もM4−M5程度の余震が10回以上起きている。

震源地に近いバーストー近郊では、全米鉄道旅客公社(アムトラック)のシカゴ発ロサンゼルス行きの長距離列車が脱線した。AP通信などによると、40車両のうち、20車両以上が脱線したが、車両は横転しておらず、乗客約150人のうち数人が軽いけがをした。

ロサンゼルス以外でも、アリゾナ州のフェニックスやユマなどでも揺れを感じ、ラスベガスのホテルでは未明の強い地震に、慌てて屋外に避難する宿泊客の姿も見られた。

警察当局などによると、ロサンゼルス東部の保養地パームスプリングスや市内の一部の地域で停電や水道管の破裂などの被害が出て復旧作業が始まった。高速道路は通常の運行が続いている。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【世界体操】最終日

世界体操選手権最終日は16日、中国・天津の天津体育館で男女計5種目の種目別決勝を行い、男子の平行棒で塚原直也(明大)が9.675点で2位に入り、個人総合に続いて今大会2個目の銀メダルを獲得した。

塚原は前回ローザンヌ大会では個人総合、種目別の平行棒ともに3位で今大会はこれをいずれも上回った。《共同通信》

【小渕恵三首相】自由党・小沢一郎党首と意見交換

小渕恵三首相は16日朝、自由党の小沢一郎党首と千葉県長南町のゴルフ場で食事を共にしながら会談した。首相は官邸に戻った際、小沢氏との会談内容について「明日、(小沢氏が)憲法問題で加藤君とテレビに出る。憲法、教育問題もろもろだ」と記者団に述べ、自民党総裁選挙で敗れた加藤紘一氏のことを話題にしたほか、憲法や教育問題などを中心に幅広く意見交換したことを明らかにした。

会談では次期臨時国会などを念頭に、自自公連立政権の結束をあらためて確認したものとみられる。《共同通信》

【ラグビー・W杯】第9日

ラグビーの第四回ワールドカップ(W杯)第9日は16日、英国などで予選リーグ3試合を行い、D組の日本はアルゼンチンに12−33で敗れた。これで3戦全敗の最下位となり、4大会連続の予選リーグ敗退となった。

FW戦で劣勢の日本は密集で反則を多発。前半25分すぎ、SHピチョトにトライされるなど、8点リードを許して折り返した。後半に入っても、相手のプレッシャーで有効な攻撃ができず、ノートライ。得点はSO広瀬(トヨタ自動車)の4PGだけだった。アルゼンチンは3位となったが、各組の3位中、最多勝ち点を挙げて、準々決勝進出プレーオフに進んだ。

A組ではスコットランドが48−0でスペインを破り、W杯史上3度目の完封。同組2位で準々決勝進出プレーオフへ回った。C組はフランスが28−19でフィジーに競り勝ち、3戦全勝で4大会連続のベスト8進出。予選リーグが終了し、各組の順位が確定した。《共同通信》



10月16日 その日のできごと(何の日)