平成3935日目

1999/10/17

【参院長野補選】民主・羽田雄一郎氏が初当選

自民、自由、公明3党連立政権の是非が最大の焦点となった参院長野選挙区補欠選挙は17日投票、即日開票の結果、民主党公認で議員秘書の羽田雄一郎氏(32)が、自民党公認で元県議の深沢賢一郎氏(61)=公明党推薦=らに約11万票の大差をつけて破り初当選した。

自自公連立政権発足後、初の国政選挙となった同補選を弾みに、民主党は「自自公そのものが否定された」として「巨大与党」との対決姿勢をさらに強め、小渕内閣を早期解散・総選挙に追い込むため次期臨時国会に向け攻勢を強める構えだ。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【サッカー】五輪アジア予選

22歳以下の選手で争うサッカーのシドニー五輪アジア最終予選C組の日本ータイは17日夜、東京・国立競技場で行われ、日本が3−1で快勝、シドニー五輪出場へ王手をかけた。

日本は先のカザフスタン戦で活躍した中田英(ペルージャ)がイタリア1部リーグ(セリエA)との日程が重複したために欠場。前半は決めてを欠いて0−0だったが、後半から出場の平瀬(鹿島)が3、9分に連続ゴールし、13分にも高原(磐田)が得点して勝利を決めた。《共同通信》

【ゴルフ】富士通レディース最終日

富士通レディース最終日(17日・千葉県東急セブンハンドレッドクラブ=6490ヤード、パー72)昨季賞金女王の服部道子が69で回り、通算12アンダー、204で今季初優勝を果たした。

ツアー通算13勝目で、賞金は1080万円。2位との7打差は、優勝と2位のストローク差としては、今季最大だった。

服部は安定したショット、パットでボギーなしの3バーディー。初日から首位を譲らず、昨年11月以来の勝利を独走で飾った。《共同通信》

【ゴルフ】AFLACチャンピオンズ

米女子プロゴルフツアーのAFLACチャンピオンズは17日、米アラバマ州モビールのロバート・トレント・ジョーンズ・トレール(パー72)で最終ラウンドを行い、首位と4打差の6位から出た福嶋晃子が68とスコアを伸ばし、通算9アンダー、279で逆転優勝した。米ツアー本格参戦1年目で26歳の福嶋は、5月のフィリップス招待に続く、今季2勝目。優勝賞金12万2000ドル(約1300万円)を獲得した。

福嶋は1イーグル、3バーディー、1ボギーの内容。16番(パー5)でイーグルを奪うなど、終盤に勝負強さを発揮した。

マリア・ヨース(スウェーデン)と、賞金ランキングトップのカリー・ウェブ(オーストラリア)が1打差の2位。小林浩美は72で、通算4オーバー、292で21位だった。《共同通信》

【F1・マレーシアGP】決勝

自動車F1シリーズ第15戦、マレーシア・グランプリ(GP)は17日セパンで決勝(56周)を行い、3位に入ったミカ・ハッキネン(フィンランド、マクラーレン・メルセデス)が、1位でゴールしたエディー・アーバイン(英国、フェラーリ)、2位のミヒャエル・シューマッハー(ドイツ、フェラーリ)の失格により、繰り上がって優勝となった。今季5勝目となったハッキネンは、2年連続の総合優勝を決めた。通算14勝目。

フェラーリの2台はレース後、車両が規則違反と裁定され失格処分になった。2位はジョニー・ハーバート(英国、スチュワート・フォード)、3位にルーベンス・バリチェロ(ブラジル、スチュワート・フォード)がそれぞれ4、5位から繰り上がった。高木虎之介(アロウズ)は7周でリタイアした。

ハッキネンは今回で72点となり、優勝得点10点が取り消された2位アーバインは60点、最終第16戦の日本GP(10月31日決勝・鈴鹿)を待たずにタイトル獲得が決定した。また、製造者部門でのマクラーレン・メルセデスの2年連続優勝も決まった。《共同通信》

【この日の民主党】

参院長野補選 羽田雄一郎さんが圧勝 「自自公連立はノー」の民意明らかに示す

自自公連立政権の是非が最大の争点となった参院長野選挙区補欠選挙は17日、投票が行われ、即日開票の結果、民主党公認の羽田雄一郎候補が、自民党公認候補らを大差で破り初当選した。各候補の得票結果は次の通り。

当 羽田雄一郎(民主)358,949 深沢賢一郎(自民)244,679 山口 典久(共産)143,909 布目裕貴雄(社民)105,472 (選管最終発表)

自自公連立政権発足後の初の国政選挙であると同時に、鳩山新代表就任後の初選挙となったこの戦いで、鳩山代表は「党の命運をかけた選挙」と位置づけ、自ら告示日も含め6日間にわたり長野入りするなど、地元の羽田幹事長とともにフル回転。党幹部や所属国会議員が延べ100人以上も応援に入り、全力を挙げた総力戦で勝利を得た。

民主党が勝利したことは、民意を問わず首班指名選挙も行わないまま肥大化を続ける小渕政権に対する有権者の根強い拒否反応を裏付ける結果となった。

長野市内のホテルに設けられた開票本部には県内各地から関係者が詰めかけ、開票を待った。そして開票が始まった直後の午後8時半過ぎ、NHKテレビが早々と「羽田雄一郎当選確実」を速報。続いて民放各社が次々と当選確実を伝えると、会場からどよめきの声があがり、続いて拍手とバンザイの声が響きわたった。

午後8時45分、選挙事務長の小山峰男参議院議員が勝利宣言の挨拶。会場中の拍手が鳴りやまない中、羽田雄一郎候補と羽田孜幹事長が花束を受け、両手を高くあげ勝利をアピールした。続いて小山事務長の音頭でバンザイ三唱を行った。

次に選対本部長の北澤俊美参議院議員が「自民党のなりふりかまわぬ締め付けをはねのけ勝利した」と感動で声を詰まらせながら謝辞を述べた。

羽田幹事長は、「立候補表明以来、党をあげて戦った。本気でご支援いただいた皆さんにただお礼申し上げるばかりだ」と候補者の父親として感謝するとともに、「パイプ役としての自民党の古い体質が退けられた」と、政権奪取への思いを強調した。

続いて羽田雄一郎候補が挨拶に立ち、「この勝利は、若さ、パワー、情熱、そして介護、育児のボランティア活動が認められたからだと思う。私は21世紀の信州のために県民の皆さんの声を中央に伝えていきたい」「いままでの志を忘れずに頑張る」と力強い声で応え、万雷の拍手を浴びた。

最後に壇上で雄一郎候補がダルマの右目をしっかり墨入れし、全員で鏡開きをして勝利を祝った。

党本部では午後9時過ぎから鳩山代表が記者会見し、羽田候補の勝因について「本人の大きな将来性、魅力にある。羽田孜幹事長の知名度の浸透に加え、本人の若さが大変な期待感となって大きな渦となった」と分析するとともに、「自自公政権に対して、少なくとも長野県民はノーという意思表示をはっきりとしめした選挙だ」と述べ、補欠選挙勝利の意義を強調した。また鳩山代表は「自民党の旧来型の業界締め付け選挙がもはや国民には通用しなくなっている証左だ」と指摘。さらに「新しい民主党の船出に大変いい結果を得たことを肝に銘じ、この結果を踏まえて総選挙態勢をしっかりと組んでいく」として、250人を目標に候補者擁立の作業を加速して、政府与党に解散総選挙を迫る意向を示した。

また鳩山代表は同日夜、選挙結果を受けての談話を発表。「自民党政治に対する不信任の表明」と選挙結果を総括した。《民主党ニュース》



10月17日 その日のできごと(何の日)