平成3915日目

1999/09/27

【横綱審議委員会】若乃花に対し「休場勧告」

日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審=一力一夫委員長)は27日、東京・両国国技館で開かれ、大相撲秋場所で7勝8敗に終わった横綱若乃花に対し、事実上の「休場勧告」を行った。

時津風理事長(元大関豊山)に別室に待機するよう指示されていた若乃花が委員会に呼ばれ、委員長が直接若乃花に伝えた。横審に現役横綱が出席したのは初めて。

会見した一力委員長によると、理事長から千秋楽(26日)の夜に若乃花と会い、現役続行を了承した経緯の報告があった。その上で、各委員が若乃花の処遇について発言した。

平井義一委員は引退勧告を求め、途中で退席。他の出席6委員は理事長の「来場所もできれば休んで、来年以降に十二分な体調で名誉をばん回してほしい。それが最後のチャンス」という意向に沿い、事実上の休場勧告で一致した。《福井新聞》




【小渕恵三首相】河野洋平元総裁に外相就任を要請

小渕恵三首相は27日午後、加藤紘一前幹事長、山崎拓前政調会長と相次いで会談し、自自公連立政権への対応をただした。これに対し、加藤、山崎両氏は先の総裁選の結果から自自公政権を容認し、協力する考えを表明、「挙党態勢」が確認された。

また首相は10月1日の連立政権発足を目指し、河野洋平元総裁(元外相)に外相就任を要請した。河野氏は自らのグループの粕谷茂氏を閣僚ポストなどで起用することを条件としており、調整が続いている。《福井新聞》

9月27日/のできごと