平成3823日目

1999/06/27

【山陽新幹線・福岡トンネルコンクリート塊落下事故】

27日午前9時24分ごろ、JR山陽新幹線小倉−博多間で架線が停電し、新大阪発博多行きひかり351号が福岡県内の福岡トンネル(約8.5キロ)を出た所で緊急停車した。現場で屋根を点検したところ、9号車のアルミ製の屋根(厚さ1.6ミリ)が約12メートルにわたって裂けてめくれ上がり、10、12号車のパンタグラフなどが破損しているのが見つかった。現場に約1時間半停車した後、徐行運転で博多駅に着いた。

JR西日本によると、トンネル内のコンクリートの壁の一部(約200キログラム)がはがれ落ち、列車の屋根を直撃したのが原因とみられる。事故当時、列車は最高速度の約220キロで走行していた。同社は「前例のない重大な事故」として対策本部を設置。近く管内の全トンネルを点検する。

JR西日本の28日までの調べで、列車の屋根からコンクリート片が見つかり、福岡トンネル内のコンクリート壁が長さ約2メートル、幅約65センチににわたってはげ落ちた跡が見つかった。

同社は27日は「架線の金具が破損」と発表しただけで、新幹線車両の破損には一切言及せず、27日昼前にコンクリート片の一部を発見したことも28日まで公表しなかった。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【WBAスーパーフェザー級タイトル戦】畑山隆則選手、2度目の防衛に失敗

世界ボクシング協会(WBA)スーパーフェザー級タイトルマッチ12回戦は27日、東京有明コロシアムで行われ、チャンピオンの畑山隆則(横浜光)は挑戦者の同級1位ラクバ・シン(モンゴル)に5回1分46秒TKO負けし、2度目の防衛に失敗した。シンはモンゴル選手で初めての世界王者となった。

プロ初敗戦を喫した畑山の戦績は25戦22勝(17KO)1敗2分け。シンは2度目の挑戦でタイトルを獲得し、戦績を13戦11勝(10KO)1敗1分けとした。

畑山が不用意に打ち合いを挑んだのが災いした。本来は足を使いながら左を突く、正統派の右ボクサーファイターだが、ここ2戦をインファイトで成功した自信が裏目に。2回までは左ジャブが出て、右アッパーも有効だったが、3回から安易に打ち合いに応じて主導権を握られた。

5回に足を使って形勢を阿変えようとしたが、勢いづいたシンのワンツーをまともに食い、痛烈なダウン。何とか立ち上がったが、ダメージは深く、反撃する力はなかった。攻撃に気を取られすぎたためか、防御が雑だった。

シンは馬力があった。相手の左を浴びても、構わず前に出るプレッシャーは強く、打撃戦は迫力があった。畑山はロープに詰まった後は完全に無抵抗。選手の健康管理を考えると、遅すぎる危険なレフェリーストップだった。《共同通信》

【山瀬まみさん】結婚発表

タレントの山瀬まみさん(29)が、タレントの中上雅巳さん(27)と結婚したことを27日双方の所属事務所が明らかにした。2人は3年前に仕事で知り合い、交際を続けていたという。26日に、東京都内で婚姻届を出した。

山瀬さんは神奈川県出身で昭和60年にアイドル歌手としてデビュー。現在はタレントとして幅広く活動している。中上さんは東京都出身で、平成元年に6代目「いいとも青年隊」のメンバーとしてデビューした。《共同通信》

【小渕恵三首相、民主党・鳩山由紀夫幹事長代理】結婚披露宴に出席

小渕恵三首相と民主党の鳩山由紀夫幹事長代理は27日夕、都内で開かれた結婚披露宴にそろって出席し、新郎と新婦側に分かれて軽いジャブの応酬をした。

新郎側の来賓として出席した首相は、あいさつで内閣支持率が上昇傾向にあることをちゃっかりアピール。「支持理由は『何となく』というのが一番多い。しっかり実績を残さなければ」と政権運営の決意も。

一方、鳩山氏は新婦の父親で政治評論家の細川隆一郎氏に対して「これからも言いたいことを言い、小渕首相をいじめてほしい。しかし、野党にはちょっと優しくお願いしたい」と虫のいい陳情。《共同通信》

【エリック・クラプトンさん】「おれは正真正銘の飲んだくれ」

「おれは正真正銘の飲んだくれ」。英国のロックギタリスト、エリック・クラプトンさん(54)が、27日付英紙サンデー・タイムズとの会見で、アルコール依存症と麻薬中毒のため、夫人のパティ・ボイドさん(1988年に離婚)を虐待していた事実を告白した。

60年代にロックグループ「クリーム」で世界的な人気者となったクラプトンさんは、アルコールと麻薬で80年代には心身ともぼろぼろに。「暴力で妻に関係を迫り、それが当然の権利と思っていた」という。現在、アルコール依存症の治療中だが「自分は何者だろうと自問すると、『アルコール中毒』という答えがぴったりだ」「もう自分を音楽家とは考えていない」などと話した。《共同通信》



6月27日 その日のできごと(何の日)