平成3667日目

1999/01/22

【甲山事件】2回目の控訴審

昭和49年3月、兵庫県西宮市の知的障害児施設「甲山学園」の浄化槽から男女2人の園児の水死体が見つかった「甲山事件」で、男児を殺害したとして殺人罪に問われた元保母山田悦子被告(47)の2回目の控訴審初公判が22日、大阪高裁(河上元康裁判長)で開かれた。

一審神戸地裁が無罪、大阪高裁が破棄・差し戻し、同地裁が再び無罪としたが、検察側が控訴し、事件から25年たつ異例の裁判だ。

検察側は、無罪判決は事実誤認などと主張。えん罪を訴える弁護側は全面的に反論、早期の控訴棄却を求めた。

有力な物証はなく、山田被告が男児を連れ出すのを見たという園児証言や捜査段階の自白の信用性が主な争点。

公判では、まず検察側が控訴趣意書の要旨を朗読。証言や自白の信用性を否定した差し戻し審判決は「証拠の価値判断を誤った」などとし、山田被告と男児の服に相互付着したとする繊維片などを基に「山田被告の犯行は優に認定できる」。と主張した。

さらに園児証言などの信用性を否定できないとした一回目の高裁判決は、下級審を拘束し、異なる判断をした地裁判決は法令違反だとした。

その後弁護側が、二度目の無罪判決に対し控訴した。検察側を批判、差し戻し審はあらためて証拠調べをした上で判断しており高裁判決に拘束されない、など各争点について反論した。

検察側は、園児の取り調べに誘導などの問題はなかったとして、今回初めて取り調べ状況の録音テープを証拠申請。29日の次回公判にも行われる採否が注目される。

最初の神戸地裁は、事件後3年以上たって得られた園児証言は不自然、自白も具体性がないと判断。大阪高裁が地裁判断を誤りと指摘し、園児への口止め工作やアリバイの有無などについて審理が不十分だとした。しかし差し戻し審で同地裁は再び、証言や自白の信用性を否定した。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【小渕恵三首相】地域振興券第2弾に含み

小渕恵三首相は22日の参院本会議での代表質問で、地域振興券(商品券)支給について「大きな施策に育てていただけるのではないか。現にそうなりつつあると聞いており、おおいに期待している」と述べ、第2弾支給に含みを残した。

公明党の浜四津敏子代表代行が「支給は万全の体制で取り組むべきだ」と質問してきたのに関連して答えた。《共同通信》

【政界談話室】

○・・・竹下登元首相は22日昼、東京・後楽園の東京ドームで行われた物産展「ふるさとフェア99」開会式に出席。鈴木宗男官房副長官があいさつの順番を譲ろうとすると「官房副長官の仕事はおわびとお礼だ。鈴木君先にやりなさい」といつもの気配り。自らは「一番短いあいさつをします。話は短く幸せはながく、ふるさとフェアは永遠に」とだけ述べて着席すると、松下忠洋農水政務次官も「短くします」と追従。竹下流の常とう句ながら、司会者からは「歴史に残る名せりふ」と持ち上げられ、ご満悦の様子だった。《共同通信》

【郵政省】ドコモに料金変更命令

郵政省は22日、NTT移動通信網(NTTドコモ)グループの携帯電話と簡易型携帯電話(PHS)の複数回線割引が「特定利用者のみを優遇する差別的料金」だとして割引条件の変更を求める料金変更命令を出した。NTTドコモは今年6月までに割引条件を変更しなければならない。同省が料金変更命令を出すのは初めて。

今回の命令は、競争会社40社からの「携帯電話とPHSを兼営するNTTドコモだけができるサービスで不当な競争」との申し出を受けたもの。しかしこの日、諮問通りに命令を認めた電気通信審議会電気通信事業部会の答申は、同省と同様に不当競争について「明白でない」とした。

また答申はドコモに対して、問題となった割引サービスの、今後3年間の利用状況や収支について郵政省に報告することなどをNTTドコモ側に求めた。《共同通信》

【大相撲初場所】13日目

大相撲初場所13日目(22日・両国国技館)単独トップの横綱若乃花が関脇武双山の土俵際での突き落としに敗れ初黒星。関脇千代大海は2敗を守り1差と縮まったが、14日目に若乃花が勝ち、千代大海が負ければ、若乃花の4場所ぶり6度目の優勝が決まる。大関昇進を狙う千代大海は闘牙を押し出して11勝目。2横綱を倒した武双山は9勝4敗。横綱貴乃花は関脇琴乃若を下手投げで退け、勝ち越しを決めた。6勝6敗の大関同士の対戦は武蔵丸が貴ノ浪を寄り切り。平幕の安芸乃島が10勝目を挙げた。十両は雅山が12勝1敗とし、名古屋場所の幕下付け出しデビューから4場所連続の優勝を決めた。《共同通信》

【インドネシア】宗教暴動で45人死亡

インドネシア東部マルク州当局は22日、キリスト教徒とイスラム教徒の衝突がハビビ政権下で最大規模の宗教暴動に発展したことを受け、住民の夜間外出を禁止した。州都アンボンの警察当局者によると、州内の死者は45人となった。

これに先立ち、日本人6人を含む民間人40人が、航空機2機で同日朝(日本時間同)、オーストラリア北部特別地域(準州)のダーウィンに到着した。今回の暴動で、外国人が国外に脱出したのは初めて。40人は、子供を含む英国、米国人などで、在シドニー日本総領事館が日本人6人の身元確認を急いでいる。

州都アンボンの住民によると、国軍は「外出すれば逮捕する」と警告しており、ハビビ政権下で事実上初の夜間外出禁止令となった。

国営アンタラ通信によると、同州を所管する陸軍第八軍管区のスンビリン司令官は「暴動を扇動した集団がある。一人を拘束して取り調べ中だ」と述べている。

アンボンの住民の一人は、電話取材に対し「街中を軍用トラックが走り、夜間に外出すれば逮捕するとスピーカーで叫んでいる」と語った。《共同通信》



1月22日 その日のできごと(何の日)