平成3619日目

平成10年12月5日(土)

1998/12/05

【 HANA-BI】北野武監督作品、日本文化解禁1号として韓国で上映開始

日本の大衆文化の段階的開放に踏み切った韓国で5日、北野武監督の「HANA-BI」が日本映画として初めて一般上映された。「HANA-BI」に先立ち、在日韓国人の柳美里さんの芥川賞受賞作を韓国側の資本と監督が映画化した「家族シネマ」や、日韓合作の「愛の黙示録」が上映されているが、資本、監督、出演者とも日本人の完全な日本映画は「HANA-BI」が初めて。開放を象徴する「解禁第1号」となった。《共同通信》

【台北市長選挙】馬英九氏が現職破り初当選

「ポスト李登輝」の台湾政治を占う立法委員(国会議員)と台北、高雄両市長、市議選挙は5日投票が行われた。即日開票の結果、首都決戦となった台北市長選で国民党の馬英九・元法務部長(法相)が現職で野党、民主進歩党の陳水扁候補を破り初当選、市長の座を奪回した。《共同通信》

【自由党】議員候補者コンテスト

自由党は5日、都内で「衆院議員候補者コンテスト」の最終審査を行った。小沢一郎党首自ら出演したテレビCMの効果もあり、全国から688人が応募。この日は、書類審査で合格した医師や大学教授、公務員ら190人余りが参加した。

小沢氏はあいさつの中で「政治家の命は理念、政策にある。(自由党と組んでも)参院で過半数に足りないのに自民党が連立を求めてきたのは、われわれの政治、行政、経済改革の主張を認めたからだ」と強調した。

この後、参加者らは10人1グループに分かれ、小沢党首や野田毅幹事長、扇千景参院議員会長、中西啓介選挙対策委員長による集団面接、幹部議員による個人面接に臨んだ。最終合格しても実際の候補者となることは確約されていないが、合格者には「選挙必勝法」や後援会づくりなどのガイダンスが行われる。《共同通信》

12月5日のできごと