平成3567日目

1998/10/14

【日本ハム・落合博満内野手】現役引退を表明

プロ野球界に偉大な足跡を残した日本ハムの落合博満内野手(44)が14日、現役引退を表明した。

球界最年長の同内野手はこの日、東京・六本木の球団事務所を訪れ、小島武士球団社長に退団のあいさつを済ませて会談に臨み「退団と引退のあいさつをしました。現役生活にピリオドを打ちます」と話した。

ユニホームを脱ぐ決意に至った理由は明かさなかったが、20年間の選手生活を振り返るように「4つの球団を渡り歩いたのはこれからの“野球人生”にプラスになる。自分みたいな選手が一人でも二人でも出てくるとプロ野球は面白くなる」と淡々と語った。

落合内野手は1979年、ドラフト3位でロッテに入団。バットを掲げる独特の打撃フォームで頭角を現し、81年に首位打者、翌年は三冠王に輝いた。《福井新聞》




【日本テレビ系連続ドラマ・世紀末の詩】放送開始

【フジ系連続ドラマ・タブロイド】放送開始

【プロ野球・広島】新監督に達川光男氏

広島は14日、広島市内のホテルで来季から指揮を執る達川光男新監督(43)の就任を発表した。1年契約で契約金2000万円、年俸4000万円。

達川新監督は「選手を鍛え直したい。選手は使わないと力を発揮できない。支配下登録選手全員が一度は一軍に上がれるくらい、選手を使いたい」と抱負を話した。《福井新聞》

【プロ野球・阪神】野村克也氏に監督要請

阪神球団は14日、前ヤクルト監督の野村克也氏(63)に監督就任を要請することを決めた。15日に久万俊二郎オーナー、高田順弘球団社長が東京都内で野村氏と入団交渉に臨む。

今季も最下位に終わるなど低迷が続く阪神は、全日程終了後の12日に吉田義男監督の退団を発表し、後任監督の候補者絞りが本格化していた。

この日、大阪市福島区の阪神電鉄本社で開かれた球団役員会では、野村氏の就任要請を全会一致で正式に決めた。高田球団社長は「選手を育てる能力。戦いながら優勝争いに加わっていける手腕。両方を兼ね備えている」と野村氏招へいの理由を話した。《福井新聞》

【ハッピーマンデー法案】成立

一部の祝日を月曜日に移して土曜日を含めた3連休を増やす改正国民祝日法が14日午後の参院本会議で、全会一致で可決、成立した。これにより2000年から1月15日の成人の日と10月10日の体育の日に限って、それぞれ1月の第2月曜日、10月の第2月曜日に祝日が移る。

改正法は「ハッピーマンデー構想」と呼ばれ、土曜日が休みの職場、学校で3連休を実現し、旅行やレジャーの機会を多くすることで消費拡大などの経済波及効果を図るのが狙いだ。《福井新聞》

【経済戦略会議】小渕首相に緊急提言

小渕恵三首相の直属機関「経済戦略会議」(議長・樋口広太郎アサヒビール会長)は14日午前、第6回会合を首相官邸で開き、景気回復に向けた「短期経済政策への緊急提言」を決定、首相に提出した。

首相は「提言を参考に日本経済再生に向けて実効性のある政策をスピーディかつ的確に実行したい」と述べ、取りまとめに入っている追加的な緊急経済対策に盛り込む考えを明らかにした。《福井新聞》

10月14日/のできごと