平成3538日目

1998/09/15

【米・共和党】大統領不倫疑惑「証言ビデオ公表を」

クリントン米大統領の不倫もみ消し疑惑で、共和党が15日、大統領が8月17日に連邦大陪審で行った証言のビデオを今週末にも公表させようと、民主党に強い圧力をかけ始めた。

ビデオには、元ホワイトハウス実習生との関係を問いただすスター特別検察官に対し、大統領がプライバシーの保護を指摘しながら、のらりくらりと質問をかわしたり、怒りを爆発させる場面が含まれているとされ、公表されれば大統領にとって一層の打撃となりそうだ。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【Jリーグ第2ステージ】第5節

Jリーグ第2ステージ第5節(15日・市原臨海競技場ほか=9試合)好調浦和レッズが、福永、小野のゴールでジェフ市原に2−0で快勝し、開幕5連勝の勝ち点15で首位を守った。横浜マリノスも2−0で横浜フリューゲルスを下し、5連勝で2位に浮上。柏レイソルは、0−0からサンフレッチェ広島に辛くもPK勝ちした。名古屋グランパスは、ヴィッセル神戸に快勝し4勝目。ヴェルディ川崎は3−2でベルマーレ平塚に競り勝ち、第1ステージからの連敗は7でストップ。清水エスパルスは、オリバの5試合連続得点でコンサドーレ札幌にVゴール勝ちした。《共同通信》

【大相撲秋場所】3日目

大相撲秋場所3日目(15日・両国国技館)横綱貴乃花と大関武蔵丸に土がつく波乱があった。貴乃花は右上手を引いた魁皇の寄りに屈し、武蔵丸は土俵際、旭豊に突き落とされ、ともに2勝1敗。魁皇は4個目の金星。横綱若乃花は小結出島をはたき込み3連勝。関脇千代大海も湊富士を一方的に押し出して無敗。横綱曙は栃東を豪快に押し出し2勝目。大関貴ノ浪は玉春日を寄り切り2勝1敗。《共同通信》

【北朝鮮】日本を非難

朝鮮中央通信によると、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)外務省スポークスマンは15日、先の「人工衛星打ち上げ」に関連して日本政府を非難する声明を発表、「日本が共和国「(北朝鮮)への敵対行為に執着する限り、日本とは絶対に国交を正常化しない」などと三つの対応措置を宣言した。

声明は「日本当局はいまだに、われわれの衛星打ち上げを弾道ミサイル発射だと言い張り、朝日国交正常化交渉とわが国に対する食糧支援を中断、高麗航空機の日本への運航を中止させるなどの『対応措置』を発表し、この問題を国連安保理に持ち込んで『国際的圧カ』をつくり出そうと奔走している」と批判し、次のような対応措置を宣言した。

一、日本が反共和国の敵対行為に執着する限り、日本とは絶対に国交を正常化しない。

一、日本が過去の犯罪に対する謝罪と補償をこれ以上回避する場合、そこから生じる結果については全面的に日本側が責任を負う。

一、日本の反共和国行為には包括的で強力な自衛措置で断固対応する。《時事通信》

【額賀福志郎防衛庁長官】北朝鮮「人工衛星」なお究明

額賀福志郎防衛庁長官は15日午後、米軍基地視察のため訪れた那覇市で記者会見し、米政府が「朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が人工衛星の打ち上げに失敗した」との結論を出したことについて、「その情報を加味して真実はどこにあるのか究明する必要はある。今後日米の専門家に分析してもらうことが大事だ」と述べ、日本政府としてはまだ人工衛星と判断せず最終的な結論にはなお究明が必要との認識を明らかにした。

今回訪問時に大田昌秀沖縄県知事と会談しなかったことについては「表敬的に顔合わせするより、じっくり話し合いをする方が大切だ、ということを県側も了承している」と強調した。

その上で「(橋本龍太郎前首相が言明した)地元の頭越しには建設しない(という約束)は生きている」と指摘したものの、「政府の案に立って話し合うことが大事だ」とあくまで海上ヘリ基地が最善との考えをあらためて強調した。《共同通信》



9月15日 その日のできごと(何の日)