平成3539日目

1998/09/16

【山梨県上九一色村】オウム真理教第7サティアン解体に着手

オウム真理教で揺れ続けた山梨県上九一色村は16日午後、村内に唯一残る教団施設で、サリン量産施設とされた第7サティアンと付属のジーヴァカ棟など計3棟の解体に着手した。年内に終了する見込みで、撤去が完了すれば1989年の進出以来、1000人近い信者が住んだかつての教団最大拠点は姿を消す。

オウム真理教の破産管財人、阿部三郎弁護士は東京地検から3棟の建物と土地の還付を受け、同日午後、同村富士ヶ嶺区の公民館での引き渡し式で村に無償譲渡。解体業者が内部にライトを付けるなど準備を始めた。本格的な解体は17日から始まる。《共同通信》



【大相撲秋場所】4日目

大相撲秋場所4日目(16日・両国国技館)無敗だった関脇千代大海と平幕の巌雄が敗れ、横綱若乃花が4連勝で単独トップに立った。若乃花は旭豊の寄りにひやりとしたが、土俵際での突き落としで逆転勝ちした。残る二人の横綱もそろって白星。前日敗れた貴乃花は琴乃若に苦戦したものの、落ち着いて寄り切り、湊富士に快勝した曙とともに3勝1敗。両大関は明暗。武蔵丸は千代大海を押し出し、連敗を免れた。貴ノ浪は魁皇に突き倒され、早くも2敗目を喫した。《共同通信》

【スズキ、GM】小型車で提携強化

スズキの鈴木修社長と米ゼネラル・モーターズ(GM)のジョン・スミス会長は16日、東京都内で共同会見し、スズキがGMグループの小型車開発を担当するなど、提携関係の強化を発表した。GMはスズキへの出資比率を現在の3.3%から約10%に引き上げ、筆頭株主となる。

スズキはこれまで手がけていない大型車開発などでGMから支援を受け、フルライン化する考えだ。環境対策などで必要になる巨額な投資を分担する狙いもある。《共同通信》

【東急百貨店】日本橋店閉鎖などのリストラ案を発表

売り上げ不振が続いている東急百貨店(東京都)は16日、主力店の日本橋店の閉鎖や海外子会社の大半を閉鎖、事業譲渡する大規模なリストラ案を発表した。正社員の3割近い900人の人員削減も4年半かけ実施する。

事業整理に伴い1999年1月期決算で420億円の損失が発生、最終損益段階では500億円の赤字を計上する見通しだ。損失穴埋めのため日本橋店の土地・建物を売却する。

百貨店業界は深刻な消費不況などで「冬の時代」を迎えており、大手、地方百貨店を通じ業態転換やリストラの動きが一段と加速しそうだ。《共同通信》

【小渕恵三首相】防衛庁で綱紀粛正訴え

小渕恵三
https://www.kantei.go.jp/

小渕恵三首相は16日午前、防衛庁で開かれた自衛隊最高幹部合同で訓示した。

防衛装備品の調達をめぐる背任事件や証拠隠滅疑惑について「極めて遺憾で残念だ。防衛庁も事実誤認を徹底的に解明し、このような事態が再び起こらないよう改善に全力を挙げて取り組み、国民の信頼を回復しなければならない」と、綱紀粛正を訴えた。《共同通信》



9月16日のできごと