平成3509日目

1998/08/17

【米・クリントン大統領】「不適切な関係」を認める

Embed from Getty Images

クリントン米大統領は17日、元ホワイトハウス実習生モニカ・ルインスキさん(25)との不倫もみ消し疑惑を捜査している連邦大陪審に対し、ホワイトハウスで4時間以上にわたり宣誓証言を行った。大統領は同日夜、国民向けのテレビ演説でルインスキさんと「不適切な関係」があったとして性的な関係を認め、国民やヒラリー夫人に「誤解を与えたことを強く後悔している」と謝罪した。

一方で、自らの偽証やルインスキさんにうそをつくよう仕向けた偽証教唆の疑惑については全面的に否定した。ルインスキさんとの性的関係を一貫して否定してきた大統領が「告白」に踏み切ったことにより、今年1月から米国を揺るがしてきた同疑惑は、大きな転機を迎えた。《共同通信》




【民主党・菅直人代表】小渕首相と初対決

民主党の菅直人代表は17日午後の衆院予算委員会で野党質問のトップにたち、小渕首相と初めて直接対決した。菅氏は内閣の正当性や金融再生6法案の不備を追求したが、首相は「謙虚に対応しなければならない」と抽象的な言い回しで巧みにかわし論戦は最後までかみ合わなかった。

終了後、菅氏は記者団に「首相は本来答弁すべきことをしなかったし、あいまいだった」と批判した。ただし、政権獲得を意識する菅氏は従来の攻撃型の質問態度から「信頼、安定型に変身しつつある」(鳩山由紀夫幹事長代理)とされ、結果的に迫力不足に終わった。橋本龍太郎前首相と激論を交わした「菅龍対決」とは趣を異にした。《福井新聞》

8月17日/のできごと